【ジュネーブショー2018】マセラティの3モデルに“黒”がテーマの新オプション登場

2018.03.08 自動車ニュース
新オプション「ネリッシモエディション」が採用された「マセラティ・ギブリ」。
新オプション「ネリッシモエディション」が採用された「マセラティ・ギブリ」。拡大

伊マセラティは2018年3月6日、第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月18日まで)において、「ギブリ」「クアトロポルテ」「レヴァンテ」の新オプション「ネリッシモエディション」を発表した。日本導入は同年5月を予定している。

「クアトロポルテ」
「クアトロポルテ」拡大
「レヴァンテ」
「レヴァンテ」拡大
いずれのモデルでも、アルミホイールは複数のアイテムから選択可能となっている。
いずれのモデルでも、アルミホイールは複数のアイテムから選択可能となっている。拡大
ジュネーブショーのブースに展示された、3台の「ネリッシモエディション」。
ジュネーブショーのブースに展示された、3台の「ネリッシモエディション」。拡大

セダンとSUVの3モデルに新オプションとして設定

ネリッシモエディションは各モデルの上級グレード「グランスポーツ」に設定されるオプションで、ブラックで統一されたエクステリアのコーディネートが特徴となっている。

ボディーカラーは深みのあるブラックとし、グリルフレーム上部とトライデントロゴ、サイドエアベントフレーム、ブーツ、そしてCピラーとリアのバッジにはいずれもブラッククロームを採用。フロントグリルのバーや、ドアハンドル、エキゾーストパイプ、ウィンドウフレームもブラックで仕上げている。

さらに、ギブリとクアトロポルテではLEDヘッドライトもダークカラールックとなるのに加え、足元には、やはりブラック仕上げの20インチホイール「ウラーノ」または21インチホイール「トロフェオ」が採用される。

一方レヴァンテでは、既述のないように加えて前後のアンダーボディープロテクションやブラックフォグライトリングなどのオプションも設定。足元の仕様については、ブラック仕上げの20インチホイール「ネレオ」、同じく20インチホイールの「エフェスト」、21インチホイール「アンテオ」の3種類から選択可能としている。

このほかにも、ギブリのインテリアにはヒーティング機能付きのスポーツシートやスポーツステアリングホイール、ダークミラー仕上げのインテリアトリムを採用。オプションで、ブラックピアノまたはカーボンファイバーのトリム、プライバシーガラス、電動式リアブラインドも用意している。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ギブリ, レヴァンテ, クアトロポルテ, マセラティ, ジュネーブモーターショー2018, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・クアトロポルテS グランスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2018.2.22 試乗記 マセラティのフラッグシップサルーンである「クアトロポルテ」。2018年モデルでは、3リッターV6エンジンが最新スペックにアップデートされたほか、先進運転支援システムが充実した。「クアトロポルテS グランスポーツ」のステアリングを握った。
  • トヨタ・カムリWS(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.9 試乗記 10代目「トヨタ・カムリ」の販売開始から1年、新グレードが追加された。“Worldwide Sporty”の頭文字を持つ「WS」がそれだ。北米デビュー当初から設定されている顔を日本向けに新採用したニューフェイスの走りを確かめる。
  • 第109回:駆けぬけるプチ故障 2018.10.30 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第109回は「駆けぬけるプチ故障」。“エリート特急”こと筆者の激安「BMW 320d」に初の異常事態が発生。ほんの小さなほころびに思えた故障が、まさかの大出費に!? BMW車ゆえの悩みに筆者はどう対処するのか?
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.10.24 試乗記 日本が誇る孤高のショーファーカー、「トヨタ・センチュリー」の販売目標はわずか月販50台。よってステアリングを任される職業ドライバーの数も、極めて限られものになるであろう。そうしたレアなドライバーズシートに座って、走り……いや“運転”を、味わってみた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)/ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.10.2 試乗記 公約通り、ほぼ9カ月に1台の割合でニューモデルを市場投入しているアストンマーティン。フラッグシップモデルとして誕生した「DBSスーパーレッジェーラ」の実力を試す場としてふさわしいのは、やはりサーキットである。
ホームへ戻る