【ジュネーブショー2018】「ウラカン スパイダー」の最強バージョン登場

2018.03.08 自動車ニュース
「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」
「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」拡大

伊ランボルギーニは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)において、新型オープンモデル「ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」を公開した。

 
【ジュネーブショー2018】「ウラカン スパイダー」の最強バージョン登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】「ウラカン スパイダー」の最強バージョン登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】「ウラカン スパイダー」の最強バージョン登場の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】「ウラカン スパイダー」の最強バージョン登場の画像拡大

ウラカン ペルフォルマンテ スパイダーは、2017年のジュネーブモーターショーでデビューした高性能モデル「ウラカン ペルフォルマンテ」のオープンバージョン。

エアロパーツ内の空気の流れを変化させることで常に最適な空力特性を実現するアクティブエアロダイナミクスシステムや、最新の軽量化技術を採用するとともに、パワートレインやシャシー性能を強化することで、パフォーマンスの向上が図られている。

ルーフは電動式のソフトトップタイプで、50km/hでの走行中でも17秒で開閉可能となっている。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4506×1924×1180mmで、ホイールベースは2620mm。車体の乾燥重量は、クーペのウラカン ペルフォルマンテ(1382kg)比で125kg増しの1507kgと公表される。

5.2リッターV10ユニットのスペックはクーペと変わらず、最高出力640ps、最大トルク600Nmを発生するが、0-100km/h加速は3.1秒とウラカン ペルフォルマンテ(2.9秒)には一歩譲る。最高速度は325km/h。

ウラカン ペルフォルマンテ スパイダーのデリバリーの開始時期は2018年夏以降。日本における価格は3561万3532円である。

(webCG)
 

関連キーワード:
ウラカン スパイダー, ランボルギーニ, ジュネーブモーターショー2018, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.9 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」に試乗した。全長4.8m級のボディーに最高出力740psの6.5リッターV12エンジンを搭載。それでいながら乗車定員2人という“浮世離れ”したモンスターマシンは、どのような世界を見せてくれるのだろうか――。
  • ポルシェ・マカン ターボ パフォーマンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.30 試乗記 「ポルシェ・マカン」のトップパフォーマンスモデル、その名も「マカン ターボ パフォーマンス」に試乗。箱根のワインディングロードで触れることができたのは、最高出力440psという実力のごく一部に過ぎない。それでもなお心に残ったのは“ポルシェイズム”にあふれているということだった。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー 2018.3.16 画像・写真 ランボルギーニは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、「ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」を発表した。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る