ホンダ、小型二輪免許で運転できる「CB125R」を発売

2018.03.08 自動車ニュース
「ホンダCB125R」
「ホンダCB125R」拡大

本田技研工業は2018年3月8日、原付二種のスポーツモデル「CB125R」を同年3月9日に発売すると発表した。

 
ホンダ、小型二輪免許で運転できる「CB125R」を発売の画像拡大
 
ホンダ、小型二輪免許で運転できる「CB125R」を発売の画像拡大
 
ホンダ、小型二輪免許で運転できる「CB125R」を発売の画像拡大
 
ホンダ、小型二輪免許で運転できる「CB125R」を発売の画像拡大
 
ホンダ、小型二輪免許で運転できる「CB125R」を発売の画像拡大

“新世代CBシリーズ”の入門モデル

ホンダCB125Rは「“SPORTS ROADSTER”Prologue バイク本来の乗る楽しさを」をコンセプトに開発された“新世代CBシリーズ”のエントリーモデルであり、運動性能の最大化と上質なライディングフィールが追求されている。

エンジンは124ccの水冷4ストローク単気筒 OHCで、吸排気系の最適化とPGM-FI(電子制御燃料噴射装置)の精緻な制御により、幅広い回転域でスロットル操作に対してリニアに反応する出力特性を実現。車体は高張力鋼管と鋼板で構成された新設計のスチールフレームで、軽量な車体パッケージングと高い運動性能をかなえている。

また、足まわりには路面追従性を追求した倒立フロントフォークと、より安定した減衰力を発揮する分離加圧式リアサスペンションユニットを採用しており、高張力鋼板製のスイングアームとも相まって、乗り心地と軽快感のあるハンドリングを実現。また全車にABSが標準装備される。

スタイリングは“新世代CBシリーズ”に共通する凝縮感のあるもので、全ての灯火類にLEDを採用。メーターはフルデジタル液晶で、ギアポジションインジケーターも備えている。

カラーバリエーションは「ブラック」「キャンディークロモスフィアレッド」「パールメタロイドホワイト」の3種類。価格は44万8200円。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
CB125R , ホンダ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • ホンダ・スーパーカブC125(MR/4MT)【レビュー】 2018.12.10 試乗記 これまで1億台が生産された“小さな巨人”「ホンダ・スーパーカブ」。その誕生60周年の節目にデビューした「スーパーカブC125」とはどんなオートバイなのか? ホンダのこだわりがつまった小排気量車の魅力に触れた。
  • ホンダ・スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.3.10 試乗記 今年でデビュー60周年! 1958年の誕生以来、世界中で人々の生活を支えてきた「ホンダ・スーパーカブ」だが、その魅力はただ便利で実用的なだけではなかった。“丸目ランプ”を取り戻した最新モデルの試乗を通し、カブならではのライディングの楽しさに触れた。
  • ホンダCRF450L(MR/6MT)【レビュー】 2018.12.28 試乗記 競技専用モデル「CRF450R」のロードバージョンとして登場した、ホンダのオフロードバイク「CRF450L」。普通の人でも楽しめる、公道も走れるモトクロッサーとして注目を集めているモデルだが、実際に走らせてみると、看過できない大きな課題を抱えていた。
  • ドゥカティ・スクランブラー1100(MR/6MT)【レビュー】 2018.12.22 試乗記 イタリア発のスクランブラーモデル「ドゥカティ・スクランブラー」シリーズに、最大排気量の「1100」が登場。リッターオーバーの空冷L型ツインエンジンを搭載した上級モデルには、他メーカーの空冷バイクにはないドゥカティならではの魅力が備わっていた。
ホームへ戻る