【ジュネーブショー2018】2ドアの特別な「レンジローバー」、999台限定発売

2018.03.08 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバーSVクーペ」
「ランドローバー・レンジローバーSVクーペ」拡大

ジャガー・ランドローバーは2018年3月6日、ジュネーブモーターショー2018の会場において「ランドローバー・レンジローバーSVクーペ」を発表した。世界限定999台で販売する。

 
【ジュネーブショー2018】2ドアの特別な「レンジローバー」、999台限定発売の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】2ドアの特別な「レンジローバー」、999台限定発売の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】2ドアの特別な「レンジローバー」、999台限定発売の画像拡大
 
【ジュネーブショー2018】2ドアの特別な「レンジローバー」、999台限定発売の画像拡大

レンジローバーSVクーペは、“世界初のフルサイズラグジュアリーSUVクーペ”としてランドローバーが製作した限定車。同社はこれにより、新たなジャンルを定義するという。

2ドアのボディーは、ボンネットとロワーテールゲート以外のアルミニウム製パネルを「レンジローバー」のものから一新。グリルにはブライトクロームフロントメッシュとブルネルメタリックリアメッシュが採用され、さらにサテンインダスシルバーのメタルサラウンドで飾られる。ボンネットとテールゲートには、英国バーミンガムのJewellery Quarterが手作業で仕上げたブライトクローム/ブラックナールド仕様の「RANGE ROVER」ロゴが装着される。

一方インテリアは、セミアニリンレザーを用いたグラデーション付きダイヤモンドキルトデザインのシートが特徴。シート自体がより広くなっており、着座時には深く沈みこむよう設計されている。

インフォテインメントシステムには「InControl Touch Pro Duo」を採用。サブウーファーを備え、1700W、23基のスピーカーで構成されるメリディアン製3Dシグネチャーサウンドシステムも搭載される。

このほか、ユーザーのさらなる要望に応えるため、100種類以上の塗装色と独自の組み合わせのサンプル、ビスポークのキルトパターン、コントラストステッチ、ドアハンドルおよびトレッドプレートの刻印など、さまざまなドレスアップメニューを用意するという。

パワーユニットは、最高出力565ps、最大トルク700Nmを発生する5リッターV8スーパーチャージドガソリンエンジン。0-100km/h加速を5.3秒でこなし、最高速度は266km/hをマークする。

レンジローバーSVクーペは、英国ウォリックシャーにあるジャガー・ランドローバーのSVOテクニカルセンターにおいて手作業で製作され、世界限定999台で販売される。

(Clubpyme)

関連キーワード:
レンジローバー, ランドローバー, ジュネーブモーターショー2018, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ/320dスポーツライン/M340i xDrive【海外試乗記】 2018.12.14 試乗記 BMWの中核モデル「3シリーズ」がフルモデルチェンジ。ガソリン車、ディーゼル車を織り交ぜポルトガル南部のアルガルヴェで走らせた新型はどれも、「これぞスポーツセダン!」と叫びたくなる仕上がりだった。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.4 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、同社史上最強のSUVが「レンジローバー スポーツSVR」である。従来モデルを出力で25ps上回る、過給機付き5リッターV8エンジンの実力を確認する。
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.25 試乗記 ジープブランドのモデルラインナップにおいて、日本ではちょっと地味な立場の「チェロキー」だが、中身はなかなかの実力派SUVだ。旗艦モデル「グランドチェロキー」風のマスクを手にしただけでなく、パワーユニットにも手が入るほどの大規模な改良を受けた、最新モデルの出来栄えやいかに!?
ホームへ戻る