クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)

歴史と実利の間で 2018.03.14 試乗記 「ジャガーFタイプ」に新たに加わった、2リッター直4ターボエンジン搭載モデルに試乗。従来のマルチシリンダーモデルとのドライブフィールの違いを確かめるとともに、スポーツカーのパワーユニットのあり方について考えた。

まずは最新モデルの見た目をチェック

ここへきてジャガーも一気に種類が増えてきた。「XJ」「XF」「XE」と“X”から始まるのがセダンで、「Fペース」、ベイビージャガーこと「Eペース」、そして電気自動車(EV)の「Iペース」と後ろに“ペース”が付くのがオルタナティブ(SUVやクロスオーバー)だ。それにスポーツカーのFタイプを加えて全ラインナップということになる。実は「Iタイプ」というのもあるのだが、それはフォーミュラEを戦うパナソニック・ジャガー・レーシングのマシンの名前。

今回試乗したFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)は、2018年モデルに切り替わった際に加わった2リッターエンジンを搭載したモデルだ。車両価格は873万円。テスト車には実に332万6000円分のオプションが装着されていた。

しっかりとワックスをかけたポリバケツのようなボディーカラーのFタイプを、まずはまじまじと眺めてみる。2018年モデルでもロングノーズ、ショートデッキの古典的スポーツカーのシルエットはそのまま。ヘッドランプにLEDが組み込まれ、フロントバンパー左右に開いたエアインテークの形状がやや変わったが、見た目の変更は最小限にとどめられた。

乗り込んで運転席に腰を落ち着ける。座面の後部(お尻部分)を沈み込ませ、前部(太もも部分)を少し持ち上げてしっかりと体をホールドするポジションを獲得すべく、あれこれ調整してみる。獲得できた。永遠に獲得できないモデルもある。スポーツカー特有の低い着座位置からの眺めは気分を高揚させる。そういえば2018年モデルから、シートを固定するフレームが、軽量化のためにマグネシウム製の新しいものに変わったそうだ。

「ジャガーFタイプ」の2018年モデルが日本に導入されたのは、2017年9月末のこと。2リッター直4ターボモデルは、テストした「R-DYNAMIC」とベーシックグレードに設定される。
「ジャガーFタイプ」の2018年モデルが日本に導入されたのは、2017年9月末のこと。2リッター直4ターボモデルは、テストした「R-DYNAMIC」とベーシックグレードに設定される。拡大
フロントマスクでは、LEDヘッドランプと、バンパーの左右に備わるエアインテークの形状が変更されている。
フロントマスクでは、LEDヘッドランプと、バンパーの左右に備わるエアインテークの形状が変更されている。拡大
センター2本出しのマフラーが目を引くリアビュー。マフラーパイプ内のフラップによって排気音を変化させる、可変エキゾーストシステムを搭載している。
センター2本出しのマフラーが目を引くリアビュー。マフラーパイプ内のフラップによって排気音を変化させる、可変エキゾーストシステムを搭載している。拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

潮目を変えたのはポルシェ

ジャガーのスポーツカーといえば、かつては直6、その後に「ダブルシックス」というまどろっこしい呼び方のV12、そして最近ではドロドロと低い音を響かせるV8エンジンが搭載されてきた。現行のFタイプには最高出力550psの5リッターV8エンジンと同380psの3リッターV6エンジンが設定されてきたが、新たにEペースにも搭載される同300psの2リッター直4ターボエンジンが加わった。
プレミアムブランドのスポーツカーに直4エンジン搭載というのは、10年前には市場に受け入れてもらえないソリューションだったが、各国が段階的に厳しい排ガス規制やCAFE(企業別平均燃費基準)を導入するにつれ、世界のスポーツカーファンはスポーツカーがなくなるのを受け入れるか、4気筒エンジン搭載を受け入れるかという選択を迫られるようになった。メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、シボレー、フォード……。みなスポーツカーに4気筒を搭載するようになった。そしてポルシェが「ケイマン/ボクスター」に2リッター4気筒ターボエンジンを搭載した時に潮目が変わったような気がする。「あのポルシェさんがそれしかないというのなら……」。ただ、それもこの先10年くらいのトピックであり、最終的にはほとんどのスポーツカーが電気モーターを組み込んでいくことになるのだろう。

先の話はともかく、4気筒ターボエンジンを搭載したFタイプを走らせてみた。まずエンジン音、排気音がともに入念にチューニングされていて、吹け上がる際に実に気持ちいい音を発する。もしかするとサウンドアクチュエーターを使ってエンジン回転とシンクロさせたバーチャルサウンドを室内に流しているのかもしれない。いい音だ。だとしたらこのまま僕を気持ちよくだましていてほしい。

東京湾アクアラインを行く「FタイプR-DYNAMICクーペ」。直4ターボエンジンを搭載したことによる、ボディーの身軽さも魅力のひとつだ。
東京湾アクアラインを行く「FタイプR-DYNAMICクーペ」。直4ターボエンジンを搭載したことによる、ボディーの身軽さも魅力のひとつだ。拡大
逆アリゲーター型に開閉するフロントフード下に収まる、2リッター直4ターボユニット。最高出力300ps、最大トルク400Nmを生み出す。
逆アリゲーター型に開閉するフロントフード下に収まる、2リッター直4ターボユニット。最高出力300ps、最大トルク400Nmを生み出す。拡大
テスト車にはオプションの20インチホイールが装着されていた。赤いキャリパーが目立つ、強化ブレーキシステムもオプション装備。
テスト車にはオプションの20インチホイールが装着されていた。赤いキャリパーが目立つ、強化ブレーキシステムもオプション装備。拡大

体感的なボディー剛性が向上

数年ぶりに試乗したFタイプはボディー組み付けの精度が上がったのか、いちいち明らかにしていない細かい改良が加えられた結果なのかわからないが、体感的なボディー剛性が上がっていた。ギャップを越えた際にドンと振動が短く収束するさまは心地よい。やはり輸入車は、デビューから時がたつにつれて、つくるのが上手になってくる。「練習してから発売しろよ」とツッコミを入れたくなることもないではないが、われわれもいい加減にそのことを学ぶべきかもしれない。発売直後に飛びつくことで得られるものももちろんたくさんあるけどね。注目とか。実際のパワーは2リッター直4ターボと聞いて想像する範囲を超えないが、それはつまりスポーティーに走らせるのに十分だということ。暴力的な加速力はないが、コーナーを脱出する時、高速道路へ合流する時、遅いクルマを追い越す時など、必要な場面で遅れなくパワーを取り出すことができる。最新の技術を駆使すれば、ターボを付けるとパワーはかなりのところまで上げられる。少なくとも6気筒以上の自然吸気エンジンと同じだけのパワーを獲得したうえで、燃費と排ガス基準でそれらを上回ることができる。だから実用的なセダンやSUVなどのジャンルでは、各社積極的に4気筒ターボを採用するし、そうあるべきだと思う。

バイヤーズガイド的な結論を言うとすれば、2リッターのFタイプはアリだ。買うなら5リッターか2リッターの両極端なFタイプが魅力的なのではないだろうか。3リッターも決して悪くないが、価格が5リッターに寄っているわりに性能が2リッターに近いように思えた。

2018年モデルの「Fタイプ」には、純正インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」が全車に標準装備された。
2018年モデルの「Fタイプ」には、純正インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」が全車に標準装備された。拡大
トランスミッションは8段ATを採用。シフトセレクターの右側には、ドライブモードの切り替えスイッチが備わる。
トランスミッションは8段ATを採用。シフトセレクターの右側には、ドライブモードの切り替えスイッチが備わる。拡大
シートフレーム素材にマグネシウムを採用した、新デザインのシート。最大で8kgの軽量化を実現したほか、足元のスペースも広くなっている。
シートフレーム素材にマグネシウムを採用した、新デザインのシート。最大で8kgの軽量化を実現したほか、足元のスペースも広くなっている。拡大

4気筒化が持つ意義とは?

スポーツカーとシリンダー数の関係というのは答えの出せない命題だ。スポーツカーのエンジンは仕事率の高い低いだけでは語ることができない。仕事の過程や内容、すなわち吹け上がりの良しあし、音の良しあし、振動の良しあしが重要視される。こじらせたスポーツカーファンになると、その機械的特徴やシリンダー数にまで意味を求めてくる。さらにそのブランドが採用してきた特徴を継承しているかどうかさえもが評価を左右することもある。人ごとのように書いてきたが、それは私であり、あなただ。

プレミアムブランドによる4気筒スポーツカーというのは、かつて自分たちが喧伝(けんでん)してきた“歴史的な良さ”を、燃費、エミッション、コスト削減といった“現代的な良さ”が超えられるかというチャレンジといえる。実利がしがらみを超えられるか。自動車メーカーはそうしたチャレンジを、それとは比べ物にならないくらい大きなチャレンジであるクルマの電動化、自動化と同時に進めなければならない。クルマは今そういう時期にある。間もなく登場する“テスライーター”のEVであるIペースに試乗した後、こうした考えが変わるかどうか、自分自身、とても楽しみだ。

(文=塩見 智/写真=向後一宏/編集=藤沢 勝)

2リッターターボを搭載した「Fタイプ」の動力性能は、最高速が250km/h、0-100km/h加速が5.7秒(欧州仕様の値)と公表されている
2リッターターボを搭載した「Fタイプ」の動力性能は、最高速が250km/h、0-100km/h加速が5.7秒(欧州仕様の値)と公表されている拡大
リアエンドには可変式のスポイラーが設置される。車速に応じて自動的に作動するほか、センターコンソールのスイッチで任意に操作することもできる。
リアエンドには可変式のスポイラーが設置される。車速に応じて自動的に作動するほか、センターコンソールのスイッチで任意に操作することもできる。拡大
2018年モデルから採用されたフレームレスタイプのルームミラー。可変スポイラーを起こした状態での後方視界はご覧の通り。
2018年モデルから採用されたフレームレスタイプのルームミラー。可変スポイラーを起こした状態での後方視界はご覧の通り。拡大

テスト車のデータ

ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4480×1925×1310mm
ホイールベース:2620mm
車重:1670kg
駆動方式:FR
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
最高出力:300ps(221kW)/5500rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1500-4500rpm
タイヤ:(前)255/35ZR20 97Y/(後)295/30ZR20 101Y(ピレリPゼロ)
燃費:12.2km/リッター(JC08モード)
価格:873万円/テスト車=1205万6000円
オプション装備:メタリックペイント<ウルトラブルー>(16万9000円)/カスタマイズ可能なインテリアムードライト<5色>(6万2000円)/電動テールゲート(6万7000円)/フロントパーキングコントロール(5万5000円)/リアビューカメラ(5万5000円)/ジャガータイヤリペアシステム(0円)/20インチ スタイル5042アロイホイール(43万3000円)/InControlセキュリティー(9万7000円)/In Controlプロテクト(4万6000円)/ジャガースマートキーシステム<キーレスエントリー&スタート>(8万2000円)/パノラミックグラスルーフ<ブラック、手動式ブラインド>(14万3000円)/ジャガースーパーパフォーマンスブレーキシステム<フロント380mm/リア376mm>(44万7000円)/デジタルTVチューナー(12万9000円)/スポーツカーペットマット(3万円)/インテリアブラックパック(12万1000円)/シートメモリーパック2(16万4000円)/スエードクロスヘッドライニングパック(7万2000円)/InControlコネクトプロパック(5万7000円)/プレミアムレザーインテリア(37万7000円)/コールドクライメイトパック1(17万4000円)/エクステリアブラックデザインパック(54万6000円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:3005km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:304.0km
使用燃料:41.8リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:7.3km/リッター(満タン法)/7.6km/リッター(車載燃費計計測値)

ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ
ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ拡大
 
ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【試乗記】の画像拡大

関連キーワード:
Fタイプ クーペジャガー電気自動車(EV)試乗記

あなたにおすすめの記事
関連サービス(価格.com)
сколько стоит раскрутка сайтов в поисковых системах

Seo статьи

smm продвижение