第4回:これぞ紳士の国の乗り物
輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その1)

2018.03.12 JAIA輸入車試乗会2018
 
第4回:これぞ紳士の国の乗り物輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その1)の画像拡大

出展ブランドの多さもあってか、今年のJAIA取材で最も試乗台数が多かったのが“みんな大好き”英国のクルマである。まずはMINIの「クラブマン」と「クロスオーバー」、「ロータス・エリーゼ」「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」の魅力をリポートする。

MINIクーパーSクラブマンALL4
MINIクーパーSクラブマンALL4拡大
 
第4回:これぞ紳士の国の乗り物輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その1)の画像拡大
 
第4回:これぞ紳士の国の乗り物輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その1)の画像拡大
 
第4回:これぞ紳士の国の乗り物輸入車チョイ乗りリポート~イギリス編~(その1)の画像拡大

華と色にあふれたワゴン
MINIクーパーSクラブマンALL4……430万円

家族は妻と、子どもが2人。ありふれたフツーのクルマじゃ、ちょっと寂しい。かといって、あまり目立ちすぎるのも嫌だ。たまにクルマで遠出もするから、荷室の広さはそこそこ欲しい。

内装は、地味ぃ~じゃないほうがいいな。特にメーターとかシートとか照明とか、華のある感じだとうれしい。ボディーカラーなんかも、多くの中から選びたい。

運転するのは好きなので、乗り心地は多少硬くてもいいから、キビキビと動くのがいい。思い通りに走らせたいから、パワーやトルクも大事。家族が一緒のときは飛ばさないけど、たまにはひとりで、運転そのものを楽しみたい。

駐車場の関係で、全高1550mm以下のクルマじゃないと選べない。あと、冬はスノボに行くので、四駆がいいかな。

そんな(注文の多い)ヒトが選ぶべきMINIが、「MINIクーパーSクラブマンALL4」である。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4270×1800×1470mmで、ホイールベースは2670mm。前席も後席も荷室も、スペースにはゆとりがある。参考までに、「ゴルフGTI」の3サイズが4275×1800×1470mmで、ホイールベースが2635mmだから、ほとんど同じ。7代目でようやく(?)ここまで拡大したゴルフに、2代目にして肩を並べたのだから、大型化のスピードはすさまじい。

エクステリアでは、観音開きのリアドアと前後に長~いルーフが、好きモノにはたまらない。リアから見ると、MINIとしては珍しい横長のライトが、ボディーをロー&ワイドに見せている。

インテリアでは、センターディスプレイの存在感がすごい。往年のセンターメーター風の円形で、その周囲が赤や青や緑や紫や……とにかくいろんな色に妖しく光る。キャラの濃さは抜群だ! シートの位置は低めで、ドライビングポジションはスポーティーに決まる。これぞゴーカートフィーリング!(って今でも言うんですかね?)

2リッター直4ターボエンジンは最高出力192ps、最大トルク280Nmというスペック。驚くほどのパワーではないけど、1550kgのボディーを機敏に走らせる。四駆システム「ALL4」は、山坂道などでのスポーツ走行や、雪道でのドライブにも効果を発揮する。

運転好き、MINI好きのためのワゴンの価格は、オプション込みで561万3000円。問題があるとすれば、ここですかね。

(文=Clubpyme こんどー/写真=峰 昌宏)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル(D180)【試乗記】 2018.3.13 試乗記 SUVのルーフをチョップして生まれたユニークな「レンジローバー イヴォーク コンバーチブル」に、ディーゼル仕様が登場。その走りは、先行して発売されたガソリン車とはひと味違う個性にあふれていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2018.7.13 試乗記 「アストンマーティンDB11ヴォランテ」に試乗した。その成り立ちを少々乱暴に表すならば、「V8クーペ」のオープントップモデル。しかしながらヴォランテは、クーペとも「V12」とも違う楽しみ方ができる、独自の魅力を備えたクルマに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • BMW C400X(MR/CVT)【レビュー】 2018.7.7 試乗記 BMWがスーパースポーツやアドベンチャーモデルの知見を投入して開発した「C400X」。アーバンモビリティー市場への参入をもくろむドイツの雄の切り札は、350ccクラスの“スクーター”でありながら、走る楽しさに満ちた一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る