第20回:前輪駆動の衝撃
新興企業シトロエンの挑戦

2018.03.22 自動車ヒストリー 現在では幅広いモデルに採用されている前輪駆動(FF)。優れたパッケージングをかなえるこの駆動システムはいかにして生まれたのか? その有用性を証明したフランスの名車“トラクシオン アヴァン”の誕生にまつわるエピソードとともに、その歴史を振り返る。

トラクシオン アヴァンは技術用語

1934年、シトロエンは「トラクシオン アヴァン」を発売した。当時としては最先端の機構を持つモデルで、他の自動車メーカーにも大きな影響を与えた。ただし、これは正式名称ではない。トラクシオンは英語で言うトラクションで、駆動力のこと。アヴァンは前だから、“前輪駆動”という意味になる。

実際に発売されたモデルの製品名は「7CV」で、後に1.9リッターエンジンを搭載する「11CV」や2.9リッターの「15CV」が加わった。さらにいくつかのバリエーションが登場して戦後も生産が続けられ、1957年までに70万台以上が生産されている。素っ気ない技術的用語が愛称になったのは、当時は前輪駆動が非常に珍しいものだったからだ。

自動車の歴史を振り返ると、時代によって駆動方式が移り変わってきたことがわかる。誕生した当初は、座席の下にエンジンを置いて後輪を駆動する、今で言うMRないしRRの方式がとられていた。馬車と同様のボディーに取りあえずエンジンを組み込んだだけのように見える。この方式ではどうしても重心が高くなり、騒音や振動の面でも問題が多い。

大きな変革をもたらしたのは、1891年に登場した“システム・パナール”である。それまで上下の関係だったエンジンと座席の関係を、前後に展開したのだ。乗員の前方にエンジンを搭載し、クラッチとギアを介して後輪に駆動力を伝えるFR方式である。発想を逆転させた画期的なレイアウトで、ボディーを低くすることを可能にした。高い駆動力を得ることができ、スペース効率がよくて静粛性も高いことからまたたく間に普及していく。1910年頃には、ほとんどのクルマがFR方式を採用するようになっていた。

1934年5月に発売された、最初の「トラクシオン アヴァン」である「7CV」。1.3リッターの直4エンジンを搭載しており、32psの最高出力を発生した。
1934年5月に発売された、最初の「トラクシオン アヴァン」である「7CV」。1.3リッターの直4エンジンを搭載しており、32psの最高出力を発生した。拡大
6ライトの大型キャビンと、2.9リッター直6エンジンが特徴の「15CV-SIXファミリアール」。モデル末期の15CVには、リアにハイドロニューマチックシステムを採用したモデルも設定された。
6ライトの大型キャビンと、2.9リッター直6エンジンが特徴の「15CV-SIXファミリアール」。モデル末期の15CVには、リアにハイドロニューマチックシステムを採用したモデルも設定された。拡大
「11CVファミリアール」のリアシートの写真だが、乗員の足元に注目。「トラクシオン アヴァン」ではリアに動力を伝えるプロペラシャフトが不要なため、低床かつ平坦なフロア形状となっていた。
「11CVファミリアール」のリアシートの写真だが、乗員の足元に注目。「トラクシオン アヴァン」ではリアに動力を伝えるプロペラシャフトが不要なため、低床かつ平坦なフロア形状となっていた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事