日本では知られていない銀幕の名優
“ハリウッドのアウトロー”ダッジが背負う反逆の物語

2018.03.19 デイリーコラム

アメリカの映画を飾るアウトローの象徴

<中央道を235キロで走行>
<史上最高速度のスピード違反で逮捕>

センセーショナルな見出しが躍ったのは3月1日のこと。100km/hの制限速度を135km/h超過する235km/hで走行しているクルマをオービスがとらえ、ドライバーを特定して逮捕に至ったという。

実際に走行したのは2016年1月29日だというから、2年以上にわたって捜索が行われていたことになる。時間がかかったのは、ナンバープレートが外されていたからだ。オービスに写った容疑者は、中指を立てていたらしい。捕まえられるものなら捕まえてみろ、とケンカを売ったのだろうか。同じクルマでほかにも5件以上の速度超過がオービスにとらえられているそうで、さすがに警察も本気になる。一部でささやかれていた「200km/h以上で走ればオービスに写らない」という都市伝説も、これで間違いであることが確定した。

注目が集まったのは、彼が乗っていたクルマだ。「ダッジ・チャレンジャー」である。クルマ好きなら誰でも知っているアメリカの代表的なスポーツカーだが、一般には知名度が低かったようだ。世間では高速道路を飛ばすクルマといえば「ポルシェ」か「フェラーリ」と相場が決まっていて、「ダッジって何?」「チャレンジャー? はぁ?」という感じの受け止め方だった。正規輸入されていないので、仕方がないことではある。

この事件でダッジを知った人は悪い印象を抱いてしまいそうだが、もちろんクルマに責任があるはずがない。ただ、映画の世界ではダッジがアウトローのクルマであるというイメージが定着している。悪役イメージを強烈に打ち出したのが、以前にも紹介した1968年の『ブリット』だった。殺人犯がチャレンジャーの兄貴分たる「チャージャー」で逃げるのを、「フォード・マスタング」に乗るスティーブ・マックイーンが追い詰める。サンフランシスコの坂をジャンプしながらバトルを繰り広げるシーンは、今も映画史最高のカーチェイスとされている。

2008年に登場した現行型「ダッジ・チャレンジャー」。
2008年に登場した現行型「ダッジ・チャレンジャー」。拡大
『ブリット』DVD拡大
1968年型「ダッジ・チャージャー」。当時スペシャリティーカーの間で流行していた“ヒドゥンヘッドライト”(無灯火時にレンズを隠すカバーの付いたヘッドランプ)が不気味な雰囲気を駆り立て、観客に強烈な印象を植えつけた。
1968年型「ダッジ・チャージャー」。当時スペシャリティーカーの間で流行していた“ヒドゥンヘッドライト”(無灯火時にレンズを隠すカバーの付いたヘッドランプ)が不気味な雰囲気を駆り立て、観客に強烈な印象を植えつけた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事