第545回:エネルギッシュな巨匠も健在
これがジュネーブショーの“輝き”だ

2018.03.16 マッキナ あらモーダ!

有名ブランドが続々欠席

ジュネーブは、もうやめよう――本気でそう思っていた。

第88回ジュネーブモーターショーは2018年3月6日に開幕した。主催者発表によれば出展ブランド数は180。2017年と同じである。

しかし、ダッジ、ラムといった特定の国を中心に展開しているブランドやカロッツェリアなどの小規模メーカーを除いた主要ブランドをボクが数えてみたところ、昨年の47から43に減っている。ボルボの電動化車両専用ブランドであるポールスターが加わったものの、オペル、DS、インフィニティ、シボレー、キャデラックが消えたから1増5減だ。ちょうど計算が合う。

昨今、主要自動車メーカーがショーへの出展を減らしているのは、周知のとおりだ。

2017年のフランクフルトモーターショーでは日産、インフィニティ、三菱、シトロエンを除くグループPSA、マセラティを除くFCA、ロールス・ロイス、アストンマーティンなどが不参加だった。ボルボは、2015年の回から参加していない。フランクフルトでは、あのテスラも出展を取りやめた。ジュネーブも2016年を最後に出ていない。

多くのブランドが、集客力が落ちた割にはお金のかかるショーを見放し、別のイベントで新車を発表するようになってきたのだ。

そうした中、ボクもモーターショー取材の「選択と集中」をせねば、と考えるようになった。 

まず“断捨離”したのは2017年の東京モーターショーだった。もちろん、迷った。「オートモーティブ・デザイナーズナイト」をはじめ、同時期に開催されるイベントは、普段会えない日本の自動車関係者の貴重な話を聞ける機会であるからだ。

そもそもボクにとって東京モーターショーは、幼いころから親しんだショーだった。今は亡き両親も、日比谷公園の「第1回全日本自動車ショウ」から毎年欠かさず足を運んでいた。2代にわたり続いた習慣を断つことは「墓じまい」をするくらい、断腸の思いであった。

だが、ここ数年続いた円安はイタリアでの生活を圧迫し、モーターショーとシンクロする日本の連休前後の航空券は、買うのをためらう価格に達していた。ということで、涙をのんで欠席を決めた。

第88回ジュネーブモーターショーのトヨタブースで。写真の新型「オーリス」は、“クルマづくりの構造改革”「TNGA」を採用して開発された。
第88回ジュネーブモーターショーのトヨタブースで。写真の新型「オーリス」は、“クルマづくりの構造改革”「TNGA」を採用して開発された。拡大
伸びやかな4ドアボディーを持つ「BMW コンセプトM8グランクーペ」。ポストSUVなるか。
伸びやかな4ドアボディーを持つ「BMW コンセプトM8グランクーペ」。ポストSUVなるか。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事