第489回:電動化と内燃機関の“両刀”で勝負!
フォルクスワーゲンに聞くこれからのパワートレイン戦略

2018.03.15 エディターから一言
プレスカンファレンスに登壇するフォルクスワーゲンAG取締役のヘルベルト・ディース氏。
プレスカンファレンスに登壇するフォルクスワーゲンAG取締役のヘルベルト・ディース氏。拡大

2018年3月6日、第88回ジュネーブ国際モーターショーが開幕した。フォルクスワーゲン(以下、VW)グループ全体としてより一層の電動化を推し進めていく戦略が打ち出されたが、一方で日本では先月、ディーゼルエンジンを搭載する「TDI」モデルの導入が開始されている。これから電動化と内燃機関をどうバランスさせていくのか。現地で、VW乗用車ブランド取締役会会長のDr. ヘルベルト・ディースに話を聞いた。

ヘルベルト・ディース氏とフォルクスワーゲンの新しいコンセプトカー「I.D. VIZZION」。
ヘルベルト・ディース氏とフォルクスワーゲンの新しいコンセプトカー「I.D. VIZZION」。拡大
「I.D. VIZZION」は全長5mを超える大型の電気自動車で、“レベル5”の完全自動運転を実現しているという。
「I.D. VIZZION」は全長5mを超える大型の電気自動車で、“レベル5”の完全自動運転を実現しているという。拡大
欧州メーカーによる電動パワートレイン推進の契機となったのは、2015年9月に発覚したフォルクスワーゲンのディーゼル不正問題だった。写真は不正があった「EA189」型エンジンへの対策について、現場を見学するドイツ運輸省のアレクサンダー・ドブリント大臣(手前)と、ヘルベルト・ディース氏。
欧州メーカーによる電動パワートレイン推進の契機となったのは、2015年9月に発覚したフォルクスワーゲンのディーゼル不正問題だった。写真は不正があった「EA189」型エンジンへの対策について、現場を見学するドイツ運輸省のアレクサンダー・ドブリント大臣(手前)と、ヘルベルト・ディース氏。拡大
第88回ジュネーブショーでポルシェが発表したEVのコンセプトカー「ミッションEクロスツーリスモ」。(写真=ポルシェ)
第88回ジュネーブショーでポルシェが発表したEVのコンセプトカー「ミッションEクロスツーリスモ」。(写真=ポルシェ)拡大

変化を見せ始めたディーゼルを取り巻く潮流

VWグループは、2017年のフランクフルトショーで電動化戦略「ロードマップE」を発表している。これは、2030年にはグループの全ラインナップに電動パワートレイン搭載車を設定するというものだ。そして今回のジュネーブショーでは、各ブランドからその具体例が提示され始めた。VWブランドとしては、過去に公開してきた3種類の電動車、すなわち「I.D.コンセプト」であるコンパクトハッチバックの「I.D.」、SUVの「I.D. CROZZ」、MPVの「I.D. BUZZ」に続く第4弾モデルとして、グランドツアラーの「I.D. VIZZION」を披露するなど、電動化にかける思いは本気なのだと伝わってくる内容だった。

一方で、この電動化の流れを加速したのは、間違いなく2015年の“ディーゼルゲート”だろう。あれから約2年半が経過した今も、すべての問題が解決したわけではない。また2018年2月には、ドイツの連邦行政裁判所がシュトゥットガルトなど都市部でのディーゼル車の走行を禁止する判決を出したという報道もあり、同グループではポルシェがディーゼル車の製造中止を決定。トヨタも欧州でのディーゼル乗用車の販売から撤退する方針を発表している。

ただし、ポルシェはそもそもディーゼル車の販売比率が高くなく、VWグループ内でも新型EV「ミッションE」などで電動化を打ち出していく急先鋒(せんぽう)を担う戦略に沿った動きだ。トヨタも、ディーゼルよりハイブリッドに注力してきた経緯があり、小型車などで電動化を推進していくのは当然の流れだろう。ちなみに、大トルクの必要な「ランドクルーザー」や「ハイラックス」などではディーゼル車の販売が継続されるというから、“撤退”という報道はいささか早急だろう。

まずこうしたディーゼルへの動向を受けて、VWとしての戦略変更はないのか、Dr.ディースに尋ねてみた。

あなたにおすすめの記事
新着記事