第82回:無段変速車ボクメツ宣言

2018.03.20 カーマニア人間国宝への道

カーマニア的無間地獄

日本の国民車は、昔からほぼ一貫してダサかった。少なくともカーマニアにはそう見えた。そして今もダサい。

その根っこには、国内で売れてるクルマの多くがCVT車、あるいは電気式無段変速車(トヨタハイブリッドシステム)という事実がある!

なにせ、今一番売れてる「ホンダN-BOX」は、全モデルCVT。つーか軽自動車のほとんどすべてがCVTだけど。

登録車に目を移すと、今年2月の順位はこんな風になっている。

1位 日産ノート
2位 トヨタ・プリウス
3位 トヨタ・アクア
4位 日産セレナ
5位 ホンダ・フィット
6位 トヨタ・シエンタ
7位 ホンダ・フリード
8位 トヨタ・ヴォクシー
9位 トヨタC-HR
10位 トヨタ・ヴィッツ

このうちCVTなどの無段変速車じゃないのは、ハイブリッドモデルがDCTの「ホンダ・フィット」&「フリード」のみ。あ、あとフィットにはMTがありますが。加えて「ヴィッツ」のGR系と「ノート」のニスモ系にも5段MTがあるが、実数としては無視していい。あとはすべて無段変速車! カーマニア的には無段、じゃなかった無間地獄である。

しかし私も過去一度だけCVT車を買ったことがある。それが初代「ランチア・イプシロン」です、というのが前回までのあらすじでした。

「ホンダN-BOX」
「ホンダN-BOX」拡大
「日産ノート」
「日産ノート」拡大
「トヨタ・プリウス」。写真は特別仕様車「S“Safety Plus・Two Tone”」。
「トヨタ・プリウス」。写真は特別仕様車「S“Safety Plus・Two Tone”」。拡大
「トヨタ・アクア」
「トヨタ・アクア」拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る