日産、「フェアレディZヘリテージエディション」を発売

2018.03.19 自動車ニュース
「日産フェアレディZヘリテージエディション」
「日産フェアレディZヘリテージエディション」拡大

日産自動車は2018年3月19日、「フェアレディZ」のモデルラインナップに「Heritage edition(ヘリテージエディション)」を追加設定し、同年5月11日に発売すると発表した。

 
日産、「フェアレディZヘリテージエディション」を発売の画像拡大

今回のフェアレディZヘリテージエディションは、北米で人気を博した「280Zスペシャルデコレーションパッケージ(ZZZap)」(1977年)のデザインをリメイクしたもの。ボディーのセンターとサイドに配されたレーシングストライプが最大の特徴だ。

インテリアでは、ステアリングホイールやセンターコンソール、シフトノブなどを、ブラックとイエローのコントラストを生かす形でコーディネート。専用シートにはイエローの「370Z」の刺しゅうが施される。

ボディーカラーは特別塗装色の「プレミアムアルティメイトイエロー」のほか、「ダイヤモンドブラック」「ブリリアントホワイトパール」「オーロラフレアブルーパール」の全4色が設定される。

価格は6段MT車が408万0240円、7段AT車が415万8000円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
フェアレディZ, 日産, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • メルセデス・ベンツCLS450 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.8 試乗記 「メルセデス・ベンツCLSクーペ」に試乗。テスト車は新開発の直6エンジンを積んだアッパーグレード。その技術的な素晴らしさにひとしきり感心したのちにリポーターが見いだしたのは、この4ドアクーペが漂わせる、もっと根源的、人類的ともいえる魅力だった。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • 日産GT-R50 by Italdesign(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.9.15 試乗記 「日産GT-R」とイタルデザインのコラボによって誕生した、両者の“アニバーサリーイヤー”を祝う記念モデル「GT-R50 by Italdesign」。販売台数は50台以下、価格は「おおむね90万ユーロから」という希少なGT-Rのプロトタイプを、ラグナセカで試した。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
ホームへ戻る