Clubpymeメールマガジン

ここでしか読めないコラム、最新記事情報や読者アンケートの結果などクルマ好きなら必見です。

クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スズキSV650X ABS(MR/6MT)

“らしさ”が足りない 2018.03.24 試乗記 合言葉は「The Timeless V-Twin Roadsport」。スズキから、ちょっと懐かしいスタイリングのニューモデル「SV650X」が登場。Vツインの軽快なネイキッドモデル「SV650」をカフェレーサースタイルに仕上げた一台の出来栄えを試す。

閉ざされた扉を開けるネオレトロ

このオートバイ、無口なタイプとお見受けした。寡黙と対峙(たいじ)するインタビュー、望むところだ。なぜなら、あれこれしゃべった末に結論が曖昧なタイプより、内側に潜んでいる本音をこじ開けるほうが聞き手としてはスリリングだからだ。肝心なことは一つ。閉ざされた扉を開ける、鍵のようなものを事前に用意しておくこと。スズキSV650X ABSの場合は、「ネオレトロ」という単語がそれに当たる。

ビキニカウル。セパレートハンドル。細めの段付きシート。これらは、SV650Xをネオレトロにする不可欠な要素だという。出自をたどると、基本スペックが同一のSV650 ABSにそれらのパーツを組み込み、カフェレーサー風に仕立てた点でXの文字が追加されたらしい。Xとは、Extraという意味があるそうな。以上は、無口な彼ではなくカタログの代弁によるものだ。

さて、ネオレトロ。検索に頼ってみたら、ファッション方面よりオートバイ関連が先に現れたので意外だった。それは要するに、最近の二輪事情においてネオレトロが注目されている証拠でもあるわけだ。確かにここ最近は、各メーカーでカフェレーサーだのスクランブラーだのといった、往年のスタイルを意識したニューモデルが目につく。たとえるなら、ガンズやAC/DCのロックTシャツを若い世代向けにリバイバル発売する感じだろうか。

どこか懐かしいカフェレーサースタイルが特徴の「スズキSV650X」。2016年のモーターサイクルショーで発表した「SV650ラリーコンセプト」の進化モデルに当たり、2017年の東京モーターショーで初披露。2018年1月に発売された。
どこか懐かしいカフェレーサースタイルが特徴の「スズキSV650X」。2016年のモーターサイクルショーで発表した「SV650ラリーコンセプト」の進化モデルに当たり、2017年の東京モーターショーで初披露。2018年1月に発売された。拡大
車名からも分かるとおり、ベースとなったのはVツインエンジンのネイキッドモデル「SV650」である。
車名からも分かるとおり、ベースとなったのはVツインエンジンのネイキッドモデル「SV650」である。拡大
液晶メーターをはじめとした装備類は基本的に「SV650」と共通。スターターボタンを押しっぱなしにせずとも、ワンプッシュでエンジンを始動させてくれる「スズキイージースタートシステム」も搭載されている。
液晶メーターをはじめとした装備類は基本的に「SV650」と共通。スターターボタンを押しっぱなしにせずとも、ワンプッシュでエンジンを始動させてくれる「スズキイージースタートシステム」も搭載されている。拡大

古い文脈をなぞるだけでいいのだろうか?

いや、実際はそれほどのんきな話ではないようだ。世界的に二輪愛好者の年齢層が高まっているので、まったく新しいものより懐かしい匂いを漂わせたもののほうがセールスに結びつくという、かなり生っぽい現実的な対応策らしい。

ネオレトロを訳すなら、新懐古趣味。自分もまた、いささか残念ながら高年齢層に属しているので、昔懐かしいスタイルに心がときめかないわけではない。でも、古い文脈をなぞるだけの退廃的な方針をよろこんでいいのかと思ったりもする。あくまで個人の意見です。

そんなこんなでSV650Xのネオレトロ要素を観察していくと、こんなビキニカウルが「カタナ」をデザインしたハンス・ムート由来の「GS650G」にもあったと気付かせてくれる。タックロールと呼ばれるシート加工も、往年の“アンコ抜き”を思い出して懐かしくなる。

ただしセパレートハンドルに関しては、その装着だけで懐古趣味とは言い難い。またがってみると、カフェレーサーっぽくかなり低い位置にセットされているものの、ステップの位置がいくらか前寄りで、乗車姿勢のバランスが芳しくない気がする。ここまでハンドルバーを下げたなら、ステップもそれなりに後方かつ上方に置いたほうが気分が出るのではないだろうか。そこまで徹底すると、ターゲットユーザーにはつらいものになるかもしれないけれど。

ヘッドランプに装着されたクラシカルなデザインのビキニカウル。往年のレースモデルを思わせるスリットを空けるなど、芸が細かい。
ヘッドランプに装着されたクラシカルなデザインのビキニカウル。往年のレースモデルを思わせるスリットを空けるなど、芸が細かい。拡大
「SV650X」の特徴のひとつである、タックロールシート。中身の詰まった純正シートにタックロール加工を施すには“アンコ抜き”が必須なため、バイクのカスタムがはやっていた時代は、肉厚のないタックロールシートがよく見受けられた。
「SV650X」の特徴のひとつである、タックロールシート。中身の詰まった純正シートにタックロール加工を施すには“アンコ抜き”が必須なため、バイクのカスタムがはやっていた時代は、肉厚のないタックロールシートがよく見受けられた。拡大
セパレートハンドルの採用による、スポーティーな前傾姿勢のライディングポジションも「SV650X」の特徴。同時に790mmのシート高とスリムなシート形状により、良好な足つき性も実現している。
セパレートハンドルの採用による、スポーティーな前傾姿勢のライディングポジションも「SV650X」の特徴。同時に790mmのシート高とスリムなシート形状により、良好な足つき性も実現している。拡大
197kgという軽い車両重量と、Vツインモデルならではのスリムなボディーが特徴の「SV650X」。フロントフォークにはプリロードアジャスターが備わっており、ライダーの好みに応じたサスペンションセッティングが可能となっている。
197kgという軽い車両重量と、Vツインモデルならではのスリムなボディーが特徴の「SV650X」。フロントフォークにはプリロードアジャスターが備わっており、ライダーの好みに応じたサスペンションセッティングが可能となっている。拡大
エンジンは645ccの排気量を持つ水冷VツインDOHC。不等間隔爆発ならではのサウンドに加え、「アクセル開度1°にまでこだわった」という制御により、スムーズで扱いやすい特性も持ち合わせている。
エンジンは645ccの排気量を持つ水冷VツインDOHC。不等間隔爆発ならではのサウンドに加え、「アクセル開度1°にまでこだわった」という制御により、スムーズで扱いやすい特性も持ち合わせている。拡大
車体色はモノトーンの「オールトグレーメタリックNo.3」のみ。レバーやフットステップ、ペダルなど、各所がブラックでコーディネートされている。
車体色はモノトーンの「オールトグレーメタリックNo.3」のみ。レバーやフットステップ、ペダルなど、各所がブラックでコーディネートされている。拡大

無口で手ごわいインタビュイー

好感を持ったのはVツインエンジンだ。パワーもトルクも十分で、しかも荒っぽさがないから扱いやすい。そう感じさせたのは200kgを切る車重も関与していたようで、フレンドリーなエンジンのリズムと自分のテンポを同調させれば、前傾姿勢の辛さも苦にならない軽やかな走りが楽しめそうだ。濃すぎず薄すぎず、650というクラスのちょうどよさを久しぶりに味わえた気がする。

それと、これは後で調べて分かったことだが、低速走行時のエンジン回転の落ち込みを緩和するローRPMアシストなるデバイスが備わっているらしい。撮影中に何度かUターンをしたときにずいぶん楽だと感じたのは、そいつのおかげみたいだ。無口なタイプとはいえ、現場で教えてくれたらよかったのに。

話はエンジンそのものに戻るけれど、この頼もしいユニットは1999年から熟成を重ねてきたらしく、だからこそ時流に合わせたカスタムにも安心して使えるのだろう。その線でいけば、このVツインはトラディションだ。そうしたスズキならではの伝統継承を違った形で、あるいはスズキらしいエッジの立った文脈でネオレトロを解釈する方法があったのではないかと、そんな疑問を抱いたりもする。それに応じ難いがゆえにこのオートバイはあえて無口を通しているのか? と勘ぐるのは行き過ぎだろうか。本音を引き出すにはもう少し時間が必要なのかもしれない。SV650X、なかなか手ごわいインタビュイーだ。

(文=田村十七男/写真=三浦孝明/編集=堀田剛資)

 
スズキSV650X ABS(MR/6MT)【レビュー】の画像拡大
 
スズキSV650X ABS(MR/6MT)【レビュー】の画像拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2140×730×1090mm
ホイールベース:1450mm
シート高:790mm
重量:197kg
エンジン:645cc 水冷4ストロークV型2気筒 DOHC 4バルブ
最高出力:76.1ps(56kW)/8500rpm
最大トルク:64Nm(6.5kgm)/8100rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:37.5km/リッター(国土交通省届出値 定地燃費値)/26.6km/リッター(WMTCモード)
価格:78万1920円

関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
http://progressive.com.kz

http://progressive.com.kz/