ポルシェやフェラーリ、そしてランボルギーニも
自動車メーカーが手がけた「自転車」を考える

2018.03.21 デイリーコラム

ランボの“ニューモデル”がジュネーブでデビュー

2018年3月7日、ジュネーブショーで1台の“自転車”がデビューした。「サーヴェロP5Xランボルギーニ・エディション」。ランボルギーニの新型SUV「ウルス」の脇に展示されたこれは、カナダの自転車メーカー、サーヴェロとランボルギーニがコラボしたトライアスロンバイクである。

ランボルギーニのデザインセンターでデザインされた、と聞くと、ランボがついに自転車をつくったのか!? と思われるかもしれないが、そこまでのコミットではない。トライアスリート垂涎(すいぜん)の的である「サーヴェロP5X」にランボルギーニデザインのペイントワークを施した限定25台のリミテッドエディションである。

シマノの22段電動変速機、エンヴィのエアロホイール、コンチネンタルのタイヤなど、構成部品はノーマルP5Xと同じだが、サーヴェロのカーボンモノコックフレームをいっそう際立たせたのがランボルギーニの仕事だ。ウルスのイメージカラーでもあるイエローを使い、ランボルギーニがランプのデザインに多用する「Y」シェイプを連続的にあしらっている。もし出場したら、トランジションエリアやコースでこれほど目立つトライアスロンバイクはないだろう。

価格は税抜き299万円。ママチャリしか知らない人は唖然(あぜん)とするだろうが、ノーマルのサーヴェロP5Xでも220万円する。ランボルギーニのオリジナル塗装と希少性を考えれば高くない?

2018年のジュネーブショーで「ウルス」とともに展示された「サーヴェロP5Xランボルギーニ・エディション」。街で見かけるロードバイクとはひと味違う、トライアスロン用自転車だ。(写真=ランボルギーニ)
2018年のジュネーブショーで「ウルス」とともに展示された「サーヴェロP5Xランボルギーニ・エディション」。街で見かけるロードバイクとはひと味違う、トライアスロン用自転車だ。(写真=ランボルギーニ)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事