フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス

2018.03.22 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「フォルクスワーゲン・アルテオン」である。フォルクスワーゲンラインナップの頂点に君臨するこの“二の線クーペ”を、谷口はどんな言葉で表現するのだろうか?

洗練されたスタイリングに好感

フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップモデル、アルテオンのセールスが好調だという。クーペスタイルの5ドアハッチバックボディーに2リッター直4エンジンを搭載し、フルタイム4WDの駆動系を採用するアルテオンは、スタイリングの方向性を含めて同じフォルクスワーゲン グループの「アウディA5スポーツバック」にコンセプトが酷似しているように思える。しかし、「パサート」ベースのアルテオンはエンジンが横置きとなるのに対して、A5は縦置きとなることからわかるとおり、プラットフォームはまったくの別物。そのせいかどうか価格は549万~599万円と、クワトロ仕様のA5スポーツバックより100万円ほども安い。

果たして、アルテオンは超お買い得な5ドアハッチバッククーペなのか? それとも安かろう悪かろうの典型なのか? 谷口信輝にジャッジしてもらおう。
「スタイリングはいいですよね。フォルクスワーゲンのなかでもこれまでとはガラッと変わった印象で、すごく洗練されていてかっこいいです」

おお、いきなりの高評価。続いて280psの2リッターTSIエンジンと7段DSGを組み合わせたパワートレインの印象についてたずねた。
「エンジンはなかなかパワフルですよ。特にスポーツモードを選ぶとエンジン回転数を高めに保って、アクセルを踏めばすぐに加速態勢に移れるように準備をしておいてくれる。ただし、この状態で高速道路を巡航していると、さすがにエンジン回転数が高すぎるような感じがします。かといってノーマルモードを選ぶと、今度は燃費優先でポンポンとシフトアップしていき、エンジンは1000rpmちょっとくらいでユルユルと回っている感じになっちゃう。おかげで、加速しようとすると2つか3つくらいシフトダウンすることになって、ここがちょっともどかしい。だから、本当はスポーツモードとノーマルモードの中間みたいなプログラムがあるといいんですが、なかなかうまくいかないものですね」

 
フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンスの画像拡大
 
フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンスの画像拡大
フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4865×1875×1435mm/ホイールベース:2835mm/車重:1720kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:280ps(206kW)/5600-6500rpm/最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1700-5600rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 (後)245/35ZR20/価格:599万円
フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4865×1875×1435mm/ホイールベース:2835mm/車重:1720kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:280ps(206kW)/5600-6500rpm/最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1700-5600rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 (後)245/35ZR20/価格:599万円拡大

関連キーワード:
アルテオン, フォルクスワーゲン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • フォルクスワーゲン・パサート オールトラック(4WD/6AT)/アルテオン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが開催したオールラインナップ試乗会に参加。Clubpyme編集部は「パサート」の派生モデル「オールトラック」と「アルテオン」の新グレード「エレガンス」という、いずれもニューフェイスをチョイスした。果たしてその出来栄えは!?
  • 第2回:富士山麓への旅で知るE-Grip Comfortの真価 2018.3.5 GOODYEARが提案する“上質”の新基準<PR> グッドイヤーの新製品「エフィシェントグリップ コンフォート」を装着した「フォルクスワーゲン・アルテオン」で、風光明媚な精進湖を目指す。霊峰・富士の遠景を求める小トリップの様子を、写真とともにリポートする。
  • 第1回:竹岡 圭が語るE-Grip Comfortの魅力と実力 2018.3.5 GOODYEARが提案する“上質”の新基準<PR> 世界3大タイヤメーカーの一角、グッドイヤーから、新しいコンフォートタイヤ「エフィシェントグリップ コンフォート」が登場。高い静粛性とシャープなハンドリングの両立をうたう新製品の実力を、モータージャーナリストの竹岡 圭が試した。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その4) 2017.3.8 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォルクスワーゲンは新しい上級5ドアハッチバック車「アルテオン」などを披露した。
ホームへ戻る