“48V”でクルマが変わる!
メルセデスの新型直6エンジンに注目せよ

2018.03.23 デイリーコラム

ポイントは電圧高めの電源システム

2013年夏、自動車部品サプライヤーの取材でドイツを訪れたときのこと。メインのテーマは自動運転だったが、それ以外にも実用化間近の技術に触れるチャンスがあって、私にとってはとても有意義な時間になった。

そのとき、12V電源の代わりに48V電源を搭載する試作車に乗る機会があり、さまざまなメリットがあることを実感した私は、48V電源システムの実用化、そして、日本で運転できる日を楽しみにしていた。

あれから5年、ついにその日がやってきた。メルセデス・ベンツが新開発のM256型直列6気筒エンジンを積む「S450」を追加。これに48V電源システムが搭載されていたのだ。

S450では、通常の12V鉛バッテリーに加えて、48V電源として1kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。さらに、48Vで動作するモーターをエンジンのクランクシャフトと同軸に組み込み、スターターとオルタネーター(発電機)の役割を持たせた。メルセデスはこれを「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター:一体型スターターオルタネーター)」と呼んでいる。

ところで、最近のクルマでは、オルタネーターでの発電を減速時に積極的に行い、運動エネルギーを電気エネルギーとして回収する「エネルギー回生」を行うものが増えている。そこで回収された電気は、アイドリングストップ後にエンジンを再始動するときなどに使われるのだが、電源システムの電圧を12Vから48Vに上げると、より効率的にたくさんの電気を回収できる。S450の場合も、ISGのモーターはオルタネーターとして最大10kWの発電が可能。さらに、従来の鉛バッテリーの代わりに大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載することで、より多くの電気を蓄えておくことができるようになった。この電気によって、最高出力16kW、最大トルク250NmのISGを動かし、発進や加速の際にエンジンをアシストすることも可能だ。

新開発の直6エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450」。日本では2018年3月1日に発表された。
新開発の直6エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450」。日本では2018年3月1日に発表された。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事