シトロエン、「C3」に装備追加し価格をアップ

2018.03.22 自動車ニュース

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年3月22日、「シトロエンC3」の標準装備を強化し、販売を開始した。

シトロエンのコンパクトハッチバックC3は、2016年11月に現行モデルがデビュー。すでに30万台以上が販売されている。日本では2017年7月の導入から同年末までに1100台以上が登録されており、歴代モデルの記録を塗り替えるペースで推移しているという。

今回はハイビームとロービームを自動で切り替える「インテリジェントハイビーム」を全車に標準装備としたほか、エントリーグレード「フィール」にはスマートキーも標準装備(上級グレード「シャイン」には以前から標準)とした。

価格はフィールが従来から3万円アップの219万円、シャインが同じく4万円アップの243万円。

(Clubpyme)

「シトロエンC3」
「シトロエンC3」拡大

関連キーワード:
C3, シトロエン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • ここ日本でも実はひそかに絶好調!
    “C3景気”にわくシトロエンの次なる一手を探る
    2018.9.3 デイリーコラム “インポートカー業界のオシャレ担当”ことフランス車の中でも、さらに個性的な存在といえるシトロエン。2017年夏に新型「C3」を導入して以来、実はひそかに絶好調なダブルシェブロンの、日本市場における“次なる一手”を探る。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
ホームへ戻る