第83回:自動車デザインとは何であるか?

2018.03.27 カーマニア人間国宝への道

教えて! 史郎さん

我々はさまざまな工業製品に囲まれている。それらはすべて、誰かの手によってデザインされたものだ。

冷蔵庫、洗濯機、文房具。数え上げればキリがないが、我々はそれらに、少なからず愛を抱いている。やっぱイヤな色やカタチの冷蔵庫は買わんでしょ? 洗濯機や文房具だって。

が、カーマニアにとって、自動車デザインは特別だ。

それは、人生すら賭ける対象である。

ところが、多くのカーマニアは、なぜ自分がそのクルマのカタチに人生を賭けているのか冷静な分析をせず、非常に衝動的かつ本能的な愛に身を委ねている。

まぁ、それはそれでいいのだが……。

なにせ我々は、クルマを作る側ではない。クルマは愛するのみ。愛するだけでいいのだから、愛する理由を分析するなんて、愛の解剖みたいで味気ないかもしれない。

が、私は知りたい。自動車デザインとは何であるかを。どうやって成されるのかを。何がダメで、何がGOODであるのかを!

それをこれから、問いたいと思う。

答えてくれるのは、世界的に著名な自動車デザイナーにして、2017年3月をもって日産のチーフクリエイティブオフィサー&専務執行役員を退任した、中村史郎氏である。

自動車デザイナーの中村史郎氏をゲストに招き、自動車デザインとは何かについて語っていただいた。
自動車デザイナーの中村史郎氏をゲストに招き、自動車デザインとは何かについて語っていただいた。拡大
中村氏は2017年3月に日産の役員を退任後、株式会社SHIRO NAKAMURA DESIGN ASSOCIATESを設立し、デザインコンサルタントとして国内外のさまざまなプロジェクトに携わっている。
中村氏は2017年3月に日産の役員を退任後、株式会社SHIRO NAKAMURA DESIGN ASSOCIATESを設立し、デザインコンサルタントとして国内外のさまざまなプロジェクトに携わっている。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事