第490回:都市生活者の良きパートナーに
「レクサスUX」のチーフエンジニアにインタビュー

2018.03.28 エディターから一言
「レクサスUX」と同車の開発を率いたレクサスインターナショナルの加古エグゼクティブ・バイス・プレジデント。
「レクサスUX」と同車の開発を率いたレクサスインターナショナルの加古エグゼクティブ・バイス・プレジデント。拡大

ジュネーブモーターショー2018で、レクサスは新型クロスオーバー「UX」を世界初披露した。「クリエイティブ・アーバン・エクスプローラー」をコンセプトを掲げるUXの見どころとは? 開発を率いたレクサスインターナショナルの加古 慈(かこ ちか)エグゼクティブ・バイス・プレジデントに、UXに込めた思いを聞いた。

ジュネーブショー2018(開催期間:3月6日~18日)でワールドプレミアされた「レクサスUX」。
ジュネーブショー2018(開催期間:3月6日~18日)でワールドプレミアされた「レクサスUX」。拡大
プレスカンファレンスには大勢の報道関係者が詰めかけた。
プレスカンファレンスには大勢の報道関係者が詰めかけた。拡大
レクサスのクロスオーバー車のベーシックラインを担う「UX」。日本での発売は2018年冬頃となる予定。
レクサスのクロスオーバー車のベーシックラインを担う「UX」。日本での発売は2018年冬頃となる予定。拡大
レクサスインターナショナルの澤 良宏プレジデント(左)と、加古エグゼクティブ・バイス・プレジデント(右)。
レクサスインターナショナルの澤 良宏プレジデント(左)と、加古エグゼクティブ・バイス・プレジデント(右)。拡大

売れ筋ど真ん中のコンパクトSUV

先のジュネーブショーでワールドプレミアとなったレクサスUXは、Cセグメント相当の位置付けとなるレクサスとしてはまったく新しいポジションのSUVだ。

乗用車系のモノコックシャシーを用いて、いわゆる四駆的なプロファイルをもつクルマを作る。今日的なSUVの先駆けとなった「RX」は、現在もレクサスの最量販車種として「ES」(日本未導入)とともに屋台骨を支えている。

一方でSUVカテゴリーは欧米のキャッチアップが著しく、特にドイツの御三家においては隙間を埋め尽くす6~7のモデル群を構成してきた。先駆者利益に胡座(あぐら)をかく間などとっくになし。レクサスインターナショナルの澤 良宏プレジデントは、欧州勢に比べてうちはブランドの歴史も浅く、いたずらに手を広げて台数を追う段階ではないと謙遜するが、ものが世界で売れ筋ど真ん中のCセグメント系SUVとあらば気合も入るだろう。

そのUXをチーフエンジニア(CE)として取りまとめた加古 慈氏は、この1月からトヨタ自動車の常務役員に就任している。初の生え抜き女性役員としてメディアの注目を集めるが、ジュネーブショーの会場で尋ねてみたところ、ご本人はそのあたり、実にサバサバとなさっていた。

「クルマを開発するにあたって、女性ならではの視点や気遣いを採り入れたところはありますか? なんて質問をよく受けます。でも、そう言われても特別お伝えするようなことがあるもんじゃあないんです。だって、皆さん男性のCEにはそんなこと聞かないですよね」

話を交わす加古CEの表情は、キリッと引き締まった表情ではまったくない、むしろフワッとした笑顔だ。役職と職務のダブル重責を背負う力みは感じない。仮に感じさせないようにしているとしても、その余裕がリーダーにおいては大切だ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスRX450hL(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.3 試乗記 「レクサスRX」のラインナップに加わった「RX450hL」。全長を延長して、3列シートレイアウトを採用した新たなフラッグシップモデルは、ラグジュアリーSUVの分野にいかなる価値を創出したのだろうか。都市部での試乗を通じてじっくり考えた。
  • レクサスRX450hL/NX300“Fスポーツ”/CT200h“バージョンL”【試乗記】 2018.2.20 試乗記 電動格納式サードシートを採用した、7人乗りのロングバージョン「RX450hL」が登場。レクサスブランドを支えるSUVモデル、そのアドバンテージとは? 昨年登場した「NX」「CT200h」のマイナーチェンジモデルとともにリポートする。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • レクサスRX200t“Fスポーツ”(4WD/6AT)【試乗記】 2016.2.1 試乗記 内外装の刷新だけでなく、走りの質感向上を大きなセリングポイントに掲げる、新型「レクサスRX」。その実力を、2リッターターボエンジンを搭載するスポーティーグレードで試した。
ホームへ戻る