【ニューヨークショー2018】新型コンパクトSUV「キャデラックXT4」デビュー

2018.03.28 自動車ニュース
「キャデラックXT4」
「キャデラックXT4」拡大

米ゼネラルモーターズは2018年3月27日(現地時間)、ニューヨーク・マンハッタンのキャデラックハウスにおいて、新型車「キャデラックXT4」を世界初公開した。

 
【ニューヨークショー2018】新型コンパクトSUV「キャデラックXT4」デビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2018】新型コンパクトSUV「キャデラックXT4」デビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2018】新型コンパクトSUV「キャデラックXT4」デビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2018】新型コンパクトSUV「キャデラックXT4」デビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2018】新型コンパクトSUV「キャデラックXT4」デビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2018】新型コンパクトSUV「キャデラックXT4」デビューの画像拡大
 
【ニューヨークショー2018】新型コンパクトSUV「キャデラックXT4」デビューの画像拡大

キャデラックにとって最もコンパクトなSUVとなるXT4のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4599×1881×1627mm(US仕様参考値)。同ブランドのミドルクラスSUV「XT5クロスオーバー」の4825×1915×1700mm(日本仕様値)と比べると、ふたまわりほど小さなディメンションが与えられている。

エクステリアデザインは、ターゲットとなる顧客層と同世代の若手デザイナーチームが担当。フロントにはロービームとハイビーム、デイタイムライト用にLEDライトブレードを搭載しており、キャデラック独特の縦型L字ライトが水平方向にも伸びることで、ボディーのワイドさと存在感あふれるスタイルが強調されている。

モダンなデザインで統一されたインテリアには、次世代型のワイヤレス充電器やイオナイザー空気清浄機などが、直感的操作が可能な形で配置される。充実した室内空間もセリングポイントで、リアシートのレッグルームは1004mm、ラゲッジルームの容量は、リアシート格納時で1385リッターと公表されている。

パワーユニットは、最高出力237psと最大トルク350Nmを生み出す、ツインスクロールターボを備えた新開発の2リッター直4直噴エンジンを採用。業界初という「トライパワーシステム」を搭載しており、大小2通りのバルブリフト機構と気筒休止機構を活用した3つの作動モードにより、パフォーマンスと効率性を最適化する。このほかアクティブサーマルマネジメント機構やオートスタート/ストップ機能も備えている。組み合わされるトランスミッションは9段ATで、直感的なギアチェンジを可能にする、次世代型の電子制御式「エレクトロニックプレシジョンシフト」も装備する。駆動方式はツインクラッチ式の4WDで、必要に応じて後輪への駆動力配分をゼロにすることで、燃費向上に寄与している。

フロントがストラット式、リアが5リンク式のサスペンションは、乗り心地とレスポンスのバランスをとるべくチューニングが施されている。標準装備されるドライブモードセレクターによって、状況に応じて車両特性を変化させることが可能。また、「XT4スポーツ」のアクティブスポーツサスペンションにはコンティニュアスダンピングコントロール機構が備わっており、センサーでリアルタイムに路面状況をモニターし、0.002秒ごとに減衰力を調整する。

キャデラック車として初となる電動油圧式ブレーキシステムを搭載したのもトピックだ。燃費性能の向上に加えて、エンジンルーム内の占有スペースもコンパクトになっている。

日本市場への導入時期や価格などは未定。

(Clubpyme)

関連キーワード:
XT4キャデラックモーターショーニューヨークモーターショー2018自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
ホームへ戻る