自動運転時代に向けた新技術も!
ボーズに見るカーオーディオのこれから

2018.03.30 デイリーコラム

クルマは理想的なリスニングルーム

アマー・G・ボーズ氏は、自身の希望以外に父親にも推されて入学したという工業大学の名門、MIT(マサチューセッツ工科大学)で学んだ後、その電子機器研究所(RLE)で電気工学の博士号を取得。その記念に購入したスピーカーが発する音色に落胆したという出来事もあって、MITで音響特性に関する研究を行い、1964年に2人の従業員とともに自身の会社「ボーズコーポレーション」を設立した。

そんな氏の、音響心理学にまで踏み込んだ発想やアイデアに基づいて開発されたスピーカーは人々の共感と称賛を集めた。まずは家庭用スピーカーとして名をはせたボーズの製品がクルマに搭載されたのは、1983年型の「キャデラック・セビル」が初だった。

自動車のキャビンは、エンジンをはじめとする騒音の音源が間近な上にガラスに取り囲まれているなど、一般には「オーディオシステムを使うには不向き」と言われる。しかし、ボーズ博士の解釈はそれとは異なるものであったという。

「人が座る場所が定まっている自動車では、スピーカーのマウント位置や内装素材の種類をクルマのメーカーと共同開発することさえできるのならば、そこは家庭よりも理想的なリスニングルームになりうる」というのが氏の考え方なのである。

このブランドの自動車用アイテムが、OEM用を軸とした展開にこだわっているのは、そんな創業者の考え方が今でも息づいているからなのだろう。ボーズの車載用システムは、1車種ごとにチューニングが異なる専用品なのだ。

個別の車種に対して専用のサウンドチューニングを行うことの多いボーズ。初の専用オーディオは「キャデラック・セビル」(1983年)のものだった。写真は、説明会でのスライド資料から。
個別の車種に対して専用のサウンドチューニングを行うことの多いボーズ。初の専用オーディオは「キャデラック・セビル」(1983年)のものだった。写真は、説明会でのスライド資料から。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事