【ニューヨークショー2018】マツダ、商品改良した「CX-3」を発表

2018.03.29 自動車ニュース
改良型「マツダCX-3」
改良型「マツダCX-3」拡大

マツダは2018年3月29日、ニューヨーク国際自動車ショーにおいて、商品改良したコンパクトSUV「CX-3」の北米仕様を世界初公開した。

 
【ニューヨークショー2018】マツダ、商品改良した「CX-3」を発表の画像拡大
 
【ニューヨークショー2018】マツダ、商品改良した「CX-3」を発表の画像拡大
 
【ニューヨークショー2018】マツダ、商品改良した「CX-3」を発表の画像拡大

2015年の導入以来、2度目の商品改良となる今回は、「人間中心」の思想のもと、クルマのあらゆる領域を深化させ、その質のレベルを一段引き上げたとうたわれる。

デザイン面では、“Exquisite&Edge(気品ある美しさと先鋭さ)”をテーマに、内外装をブラッシュアップ。走行性能については2リッターガソリンエンジン「SKYACTIV 2.0」に改良を加えるとともに、乗り心地と静粛性の向上を図っている。また、電動パーキングブレーキやセンターアームレストを新たに装備するなど、機能面も強化した。

CX-3の最新モデルは、2018年春からグローバルに順次導入を開始する予定。

このほかマツダは、2017年の東京モーターショーで世界初公開した「マツダ塊(カイ)コンセプト」と、次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を出展している。

(Clubpyme)

関連キーワード:
CX-3マツダモーターショーニューヨークモーターショー2018自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
  • 「マツダCX-3」大幅改良、上質な内外装の特別仕様車も 2018.5.17 自動車ニュース マツダが小型クロスオーバーSUV「CX-3」を大幅改良。乗り心地や静粛性を向上させたほか、新たに1.8リッターディーゼルエンジンを採用した。同時に、ナッパレザーのシートなど、上質な内外装が特徴の特別仕様車「エクスクルーシブ モッズ」も設定している。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記 マツダのコンパクトSUV「CX-3」に追加された、ガソリンエンジン搭載モデルに試乗。マツダらしい実直さや、スポーティーな走り、そして手ごろな価格設定と、さまざまな魅力を併せ持つこのクルマに欠けているものとは?
  • 第502回:「マツダCX-3」のカラーデザイナーを直撃
    “CMFデザイン”で、より感性に響くインテリアに
    2018.5.19 エディターから一言 オーナーの実に4割が女性という、マツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。2018年5月の一部改良で、このクルマのカラー&トリムを担当した2人の女性デザイナーへのインタビューを通し、“女性に選ばれるクルマ”をつくる秘訣について考えた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)/CX-5 25Sプロアクティブ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.4.6 試乗記 デビューから1年で早くもマイナーチェンジを受けた「マツダCX-5」に試乗。「CX-8」と同じ「スカイアクティブ-D 2.2」や気筒休止機構を搭載した「スカイアクティブ-G 2.5」など、エンジンに大幅な改良が施された最新モデルの走りをリポートする。
ホームへ戻る