第1回:いま「V40」はこうなっている!

価格以上の価値がある 2018.03.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。

コンパクトカーのトレンドセッター

日本の輸入車マーケットにおいて、特に人気が高いのがコンパクトカーのセグメントだ。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」「BMW 1シリーズ」「メルセデス・ベンツAクラス」「アウディA3」など、その顔ぶれからもわかるように強豪がひしめくマーケットである。

そんな輸入コンパクトカーマーケットに“異変”を起こしたのがボルボV40である。2013年2月に日本で発売されるやいなや、そのスタイリッシュなデザインや優れた内外装のクオリティー、スポーティーな走り、そして、ボルボ自慢の安全性が大いに注目を集め、新しい輸入コンパクトカーの選択肢として、確固たるポジションを手に入れたのだ。

2012年に誕生したV40は、ボルボが“プレミアム・スポーツ・コンパクト”と呼ぶ、同社のラインナップでは最も小さなモデルだ。このセグメントの定番である2ボックスのハッチバックとしながら、流麗なルーフラインを持つクーペフォルムを与えることで、スポーティーかつスタイリッシュなエクステリアを実現した。

一方、モダン・スカンジナビアンデザインを実践するインテリアは、クラスを超えた上質さとクオリティーを誇ることに加えて、「Elegance」「Eco」「Performance」の3テーマから好みのデザインを選ぶことができるカラー液晶メーター、7色の中から好みの色が選べるアンビエントライト、フレームレスルームミラーなどをいち早く採用するなど、コンパクトカーセグメントのトレンドセッターとしての役目を果たしている。「2013年度グッドデザイン賞」を受賞したというのも、大いに納得がいく。

ボルボV40のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4370×1800×1440mm。2645mmのホイールベースにより、大人4人が快適に移動できる空間が確保されている。ラゲッジスペースは335リッターで、後席を倒せばステーションワゴン並みの広いスペースが手に入る。サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット式でリアがマルチリンク式。シャシーにアルミと高張力鋼板を多用することで軽量化を図り、また、コーナリング時にフロント内輪から外側にトルクを配分し自然なハンドリングをもたらす「コーナー・トラクション・コントロール」を採用するなどして、ダイナミックなドライビングを実現する。

「プレミアム・スポーツ・コンパクト」をコンセプトに掲げる「ボルボV40」は、2012年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。日本では2013年2月に発売された。クーペを思わせる流麗なシルエットは、同車のセリングポイントのひとつとなっている。
「プレミアム・スポーツ・コンパクト」をコンセプトに掲げる「ボルボV40」は、2012年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。日本では2013年2月に発売された。クーペを思わせる流麗なシルエットは、同車のセリングポイントのひとつとなっている。拡大
柔らかな光の表現にこだわりデザインされた「V40」のインテリア。日本仕様車のハンドル位置は右のみとなる。
柔らかな光の表現にこだわりデザインされた「V40」のインテリア。日本仕様車のハンドル位置は右のみとなる。拡大
ボード状の特徴的なセンターコンソール。カーナビやエアコン、インフォテインメントシステムなどのスイッチが機能的に配列される。
ボード状の特徴的なセンターコンソール。カーナビやエアコン、インフォテインメントシステムなどのスイッチが機能的に配列される。拡大
ラゲッジスペースは、後席だけでなく助手席の背もたれも倒すことで容量を拡大できる。フロアボードは折り畳み式になっており、小さな荷物を安定させる仕切りとして役立つ。
ラゲッジスペースは、後席だけでなく助手席の背もたれも倒すことで容量を拡大できる。フロアボードは折り畳み式になっており、小さな荷物を安定させる仕切りとして役立つ。拡大
「V40」は「コーナー・トラクション・コントロール」を搭載。コーナリング中にアクセルを開いた際、フロント左右輪のトルクバランスを調整することでナチュラルなハンドリングを実現する。
「V40」は「コーナー・トラクション・コントロール」を搭載。コーナリング中にアクセルを開いた際、フロント左右輪のトルクバランスを調整することでナチュラルなハンドリングを実現する。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • ボルボが「V40」「V40クロスカントリー」の特別仕様車を発売 2018.12.18 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2018年12月18日、「V40/V40クロスカントリー」に特別仕様車として「Tack(タック)エディション」および「Classic(クラシック)エディション」を追加設定し、同日に販売を開始した。
  • 「ボルボV40」に299万円の新たなエントリーモデル登場
    2017.2.2 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「V40」のモデルラインナップに「T2 キネティック」を追加設定し、販売を開始した。299万円という低価格を特徴とし、新たなエントリーグレードとして導入される。
ホームへ戻る