第168回:春休みに観たい!
伊仏乳のクルマ映画DVD

2018.03.30 読んでますカー、観てますカー

狂気と自由のランチア・アッピア

イタリアのパオロ・ヴィルズィ監督作品。この連載で前に紹介した『人間の値打ち』の次に公開されたのが『歓びのトスカーナ』だ。この2作が高く評価され、ハリウッドに招かれて撮影したのが1月に紹介した映画『ロング,ロングバケーション』である。

タイトルからは風光明媚(めいび)なイタリアの自然に囲まれてワインとグルメの旅をする物語のようだが、原題は『La pazza gioia』。狂気の歓びといった意味らしく、舞台は司法病院だ。精神を病んだ犯罪者を収容する施設で、2015年に廃止されている。主人公のベアトリーチェは、病院の中でいつも女王のように振る舞っている。貴族の生まれで夫が弁護士だと言っているが、まったくのデタラメ。虚言癖がひどいのだ。『人間の値打ち』では金持ちの奥さま役だったバレリア・ブルーニ・デデスキが演じている。

新入りのドナテッラ(ミカエラ・ラマツォッティ)はいつも暗い表情で口数も少ないが、ベアトリーチェは気になって何かと言葉をかける。ハーブガーデンで働くことになった2人は、給料をもらった後にバスで逃走。病院の職員が探しに来るが、声をかけてきた男が乗っていた「フィアット・フリーモント」を奪って走り去った。

ベアトリーチェは常に躁(そう)状態で、のべつ幕なしにしゃべっている。口から出る言葉は思いつきのうそばかり。彼女は詐欺の常習犯なのだ。無一文なのにレストランで高級料理を注文し、会計の際にはカバンを盗まれたと言い張る。銀行ではカードが事務的な理由で使えなくなったから3000ユーロ貸せと交渉し、断られると逆ギレ。巻き込まれた形のドナテッラだが、一緒にいるうちに自分たちが似たような境遇であることを知る。どちらも、悪い男にだまされて不幸な人生を歩んできたのだ。

映画の撮影現場に紛れ込んだ2人は、スタッフの勘違いから「ランチア・アッピア コンバーチブル」に乗ることに。カットの声がかかっても、ドナテッラはアクセルを踏み続けて外へ飛び出していく。緑あふれるトスカーナの道で、彼女たちは自由を満喫するのだ。

『歓びのトスカーナ』DVD拡大
「ランチア・アッピア コンバーチブル」
1953年にデビューしたランチアのスモールカーで、ヴィットリオ・ヤーノが設計を手がけている。サルーンやクーペに加え、コンバーチブルモデルもラインナップされた。映画に登場するのは、1959年にモデルチェンジを受けた3代目。写真は「ランチア・アッピア ベルリーナ」
「ランチア・アッピア コンバーチブル」
	1953年にデビューしたランチアのスモールカーで、ヴィットリオ・ヤーノが設計を手がけている。サルーンやクーペに加え、コンバーチブルモデルもラインナップされた。映画に登場するのは、1959年にモデルチェンジを受けた3代目。写真は「ランチア・アッピア ベルリーナ」拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事