トヨタとスズキがインド市場における車両の相互供給で合意

2018.03.30 自動車ニュース
トヨタ自動車の豊田章男社長(左)と、スズキの鈴木 修会長(右)。2016年10月12日の記者会見より。
トヨタ自動車の豊田章男社長(左)と、スズキの鈴木 修会長(右)。2016年10月12日の記者会見より。拡大

トヨタ自動車とスズキは2018年3月29日、インド市場における完成車の相互OEM供給に向けて基本合意したと発表した。

「スズキ・バレーノ」
「スズキ・バレーノ」拡大
「スズキ・ビターラ ブレッツア」
「スズキ・ビターラ ブレッツア」拡大
インドを含む、グローバルで販売されている「トヨタ・カローラ アルティス」。
インドを含む、グローバルで販売されている「トヨタ・カローラ アルティス」。拡大

両社は、2017年2月6日の業務提携に向けた覚書締結以降、「環境技術」「安全技術」「情報技術」「商品・ユニット補完」等に関して、具体的な協業の実現に向けた検討を進めてきた。

その一環として2017年11月に、インド市場に2020年頃に電気自動車を投入するための協力関係構築に向けて検討を進めることで合意。さらに今回は、両社の商品ラインナップを強化しつつ、インド市場における販売競争の活性化に向けて、ハイブリッド車などの相互OEM供給を行うことに基本合意した。

今回、基本合意した商品については、できる限り部品の現地調達を進め、インド政府の推進する「Make in India」を実現するとともに、燃費の優れた商品を普及させることで、インドにおける環境負荷低減やエネルギーセキュリティーにも貢献する。

具体的には、スズキからトヨタへ「バレーノ」「ビターラ ブレッツァ」を供給し、トヨタからスズキへは「カローラ」を供給することを予定。供給開始時期や台数規模、車両スペック、供給価格等の詳細については、今後両社で検討を進める。

供給を受ける車種は、トヨタ、スズキ両社の現地子会社が、それぞれの販売網を通じて販売する予定。両社がそれぞれ切磋琢磨(せっさたくま)して市場を活性化することで、インド市場での商品およびサービスの向上を図る。

トヨタとスズキは、両社間で公正かつ自由な競争が行われることを前提とし、「持続可能なモビリティー社会」の実現に向けて、今後ともさらなる協業の検討を継続していくという。

(Clubpyme)

関連キーワード:
カローラ アクシオ, バレーノ, トヨタ, スズキ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)/プリウスE(FF/CVT)【レビュー】 2016.1.22 試乗記 ハイブリッドカーの先駆けである「トヨタ・プリウス」が4代目にフルモデルチェンジ。シリーズ最高で40.8km/リッター(JC08モード)という燃費性能や、このクルマで初採用されたトヨタの次世代技術「TNGA」など、話題満載の新型の走りをリポートする。
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
ホームへ戻る