最高出力550psの「ジャガーFペース SVR」デビュー

2018.03.30 自動車ニュース
「ジャガーFペース SVR」
「ジャガーFペース SVR」拡大

英ジャガー・ランドローバーは2018年3月27日、ハイパフォーマンスSUV「ジャガーFペース SVR」を発表した。

 
最高出力550psの「ジャガーFペース SVR」デビューの画像拡大
 
最高出力550psの「ジャガーFペース SVR」デビューの画像拡大
 
最高出力550psの「ジャガーFペース SVR」デビューの画像拡大
 
最高出力550psの「ジャガーFペース SVR」デビューの画像拡大

最もパワフルなFペース

Fペース SVRは、「スポーツカーのパフォーマンスとSUVのデザインを融合した」とうたわれる高性能モデル。あらゆる路面状況において、ドライバーの期待に応えられるとアピールされる。

エクステリアは、ノーマルのFペースよりもひと回り大きなエアインテークとサイドフェンダーベント、ホイールアーチエクステンション、クアッドテールパイプ付きのバンパー、専用スポイラーなどが特徴。一方インテリアには、側面のサポートを強化したスリムラインスポーツシートや専用のステアリングホイールが備わる。

パワーユニットは、最高出力550ps、最大トルク680Nmを発生する5リッターV8スーパーチャージドガソリンエンジン。0-100km/h加速は4.3秒で、最高速度は283km/hと公表される。

排気系には、ジャガー独自のバリアブルバルブアクティブエキゾーストシステムを採用。その重量は標準のFペースのものより6.6kg軽量に仕上がっている。

そのほか、Fペースでは初となるリアエレクトロニックアクティブディファレンシャル(EAD)も見どころで、トルクオンデマンド式四輪駆動システムのインテリジェントドライブラインダイナミクスの制御技術は、EADのメリットを最大限に発揮できるよう最適化されている。アダプティブダイナミクスサスペンション、電動パワーアシストステアリング、ダイナミックドライビングモード用のソフトウエアも、SVR専用のものが与えられる。

ユーティリティーの面では、10インチのタッチスクリーンと12.3インチのHDインストゥルメントクラスターを備え、最大8つのデバイスを4GのWi-Fiに接続可能な「Touch Pro」インフォテインメントシステムがセリングポイントとなっている。

(Clubpyme)

関連キーワード:
Fペース, ジャガー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ニューヨークショー2018(ジャガー/ランドローバー) 2018.4.13 画像・写真 ジャガー・ランドローバーはニューヨークショー2018でハイパフォーマンスSUV「ジャガーFペース SVR」を初公開した。電気自動車の「Iペース」や2ドアの「レンジローバー」、ウェイモと連携した自動運転開発車両などとともに、写真で紹介する。
  • ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • 2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビュー 2018.11.23 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーが新型「レンジローバー イヴォーク」を発表した。デザインは従来モデルのクーペスタイルをよりモダンに進化させたもの。シャシーには新世代のエンジン横置きプラットフォームを採用しており、将来的にはPHEVの導入も予定している。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.4 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、同社史上最強のSUVが「レンジローバー スポーツSVR」である。従来モデルを出力で25ps上回る、過給機付き5リッターV8エンジンの実力を確認する。
  • 「ミツオカ・ロックスター」発表会の会場から 2018.11.29 画像・写真 光岡自動車の創業50周年を記念して製作される、200台限定のオープンスポーツカー「ミツオカ・ロックスター」。その発表会が東京・港区のミツオカ麻布ショールームで開催された。往年のアメリカ車を思わせる個性的な姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る