【ニューヨークショー2018】「マセラティ・レヴァンテ」のV8ツインターボモデル登場

2018.03.30 自動車ニュース
「マセラティ・レヴァンテ トロフェオ」
「マセラティ・レヴァンテ トロフェオ」拡大

伊マセラティは2018年3月28日(現地時間)、ニューヨーク国際自動車ショーで高性能SUV「レヴァンテ トロフェオ」を世界初公開した。

 
【ニューヨークショー2018】「マセラティ・レヴァンテ」のV8ツインターボモデル登場の画像拡大
 
【ニューヨークショー2018】「マセラティ・レヴァンテ」のV8ツインターボモデル登場の画像拡大
 
【ニューヨークショー2018】「マセラティ・レヴァンテ」のV8ツインターボモデル登場の画像拡大
 
【ニューヨークショー2018】「マセラティ・レヴァンテ」のV8ツインターボモデル登場の画像拡大
 
【ニューヨークショー2018】「マセラティ・レヴァンテ」のV8ツインターボモデル登場の画像拡大

今回、披露されたレヴァンテ トロフェオは、マセラティのSUVである「レヴァンテ」の新たなトップパフォーマンスモデルとなるもの。レヴァンテでは初となるV8ツインターボエンジンを搭載するほか、特別なチューニングが施されたシャシーが与えられている。

フェラーリのマラネロ工場製となる3.8リッターV8ツインターボエンジンは、最高出力590ps、最大トルク730Nmを生み出す。トランスミッションはZF製の8段ATで駆動方式は4WD。0-100km/h加速は3.9秒、最高速は300km/h以上と公表される。

シャシーには、2018年モデルの「ギブリ」から導入した車両統合制御システムを搭載することで、走行安定性とドライビングダイナミクスの強化を図った。また、ドライブモードには、既存の「ノーマル」「アイス」「スポーツ」「オフロード」に加えて、新たに「コルサ」を設定。このモードではエンジンレスポンスやエキゾーストバルブの開閉タイミング、ギアシフトがクイックになるほか、サスペンションもよりスポーティーな設定へと変化する。ローンチコントロール機能も利用可能だ。

よりスポーティーさを強調したとされるエクステリアでは、新たに設けられたフロントのエアインテークやカーボンファイバー製のセンタースプリット、リアのエクストラクターが特徴。4本出しのマフラーや、マセラティ史上最大という22インチアロイホイール「オリオン」が、スタイルに迫力を増している。

インテリアには、新たに設定されたマットカーボンファイバーのトリムやシフトパドル、メタル製「Trofeo」バッジ付きのフロアマット、そして伝統のマセラティクロックが備わる。スポーツシートの表皮には最高級のフルグレインレザーである「ピエノフィオーレ」を採用。ヘッドレストには「Trofeo」ロゴが刺しゅうされている。

(Clubpyme)

関連キーワード:
レヴァンテ, マセラティ, ニューヨークモーターショー2018, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • マツダCX-8 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.1.25 試乗記 「マツダCX-8」に追加された、2.5リッターダウンサイジングターボエンジン搭載の新グレード「25T」。新エンジンの出来栄えを確かめるべく試乗に臨んだのだが、このクルマにはパワープラントとは別に気にかかる課題が潜んでいた。
  • レクサスRC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.23 試乗記 マイナーチェンジが施された「レクサスRC」に試乗。「LFA」の後を受け、ブランドイメージをけん引していたのは過去の話……。そのポジションを「LC」へと譲ったいま、微妙な立ち位置にある古典的な2ドアクーペを、あえてチョイスする理由はどこにあるのだろうか。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2019.1.22 試乗記 3.5リッターV6ツインターボエンジン+トリプルモーターを搭載したホンダのスーパースポーツ「NSX」が、デビュー以来初のマイナーチェンジを受けた。新たに開発責任者に日本人を据えたことで、走りの味付けはどのように変化したのだろうか。
ホームへ戻る