第21回:グラチャンの時代
日本のモータースポーツを成熟させた特異なレース

2018.04.05 自動車ヒストリー 1971年の初開催より、実に19年にわたり日本のモータースポーツのトップカテゴリーに君臨し続けた「グランチャンピオンレース」。世界的にもユニークなこのレースはいかにして誕生し、どのように進化を遂げていったのか。その盛衰の歴史を振り返る。

日本グランプリの中止で生まれたイベント

日本における戦後初の本格的な自動車レースは、1963年の第1回 日本グランプリとされる。前年に開業したばかりの鈴鹿サーキットで行われ、20万人を超える観客を集めた。ヨーロッパのスポーツカーも参加したが、走ったクルマの多くはほぼノーマルのままの市販車である。中にはナンバー付きのクルマもあった。手探り状態で始まったイベントだったのだ。

翌年からは、一転して各メーカーが本気で取り組むようになった。トヨタが3つのクラスで優勝したことを大々的にアピールし、販売促進につなげたのを目の当たりにしたからだ。各社がワークス体制を整え、開発競争に熱が入った。

1966年の第3回からは富士スピードウェイに舞台を移し、プロトタイプレーシングカーで争われるようになる。プリンス/日産、トヨタ、ポルシェなどが大排気量のマシンで参戦した。日本のレースシーンは大きな盛り上がりを見せようとしていたが、急ブレーキがかかる。1970年になると、トヨタ・日産が排ガス問題に専念するとの理由で不参加を表明したのだ。参加車を集めることができず、グランプリは中止になってしまう。

目玉の大会を失った富士スピードウェイは、新たなイベントをたちあげる必要に迫られた。格好のお手本となったのが、1970年に2回開催したスポーツカーレースである。9月の「フジインター200マイル」では、イタリアから最新の「フェラーリ512S」を持ち込み、多くのファンを引きつけた。これをシリーズ化し、年間チャンピオンを競うイベントに仕立てればいい。これが「富士グランチャンピオンシリーズ」で、“グラチャン”の愛称で親しまれた。

1971年4月25日、「富士300kmレース」でグラチャンが開幕した。6kmのコースを50周で争うレースである。「ポルシェ908/2」や7リッターエンジンを搭載する「マクラーレンM12」などのレーシングカーから、「日産フェアレディ240Z」 や「ホンダS800」の改造車までが混走した。

ドライバーの顔ぶれも豪華だった。生沢 徹、高原敬武、風戸 裕などが、プライベートチームを作って参戦した。それまでレースは自動車メーカー主導で行われていたが、ドライバーがスポンサーを募って参戦する環境が作られたのだ。

1966年に行われた第3回日本グランプリの様子。日本グランプリの中止に伴い、富士スピードウェイは集客の見込める新しいイベントの開催に迫られた。
1966年に行われた第3回日本グランプリの様子。日本グランプリの中止に伴い、富士スピードウェイは集客の見込める新しいイベントの開催に迫られた。拡大
1971年の初開催より、19年にわたり行われ続けた富士グランチャンピオンシリーズ。プライベーター主体のレースを根付かせ、日本のモータースポーツの成熟に大いに貢献した。(写真=FUJI SPEEDWAY)
1971年の初開催より、19年にわたり行われ続けた富士グランチャンピオンシリーズ。プライベーター主体のレースを根付かせ、日本のモータースポーツの成熟に大いに貢献した。(写真=FUJI SPEEDWAY)拡大
グリッドから各マシンが一斉にスタートを切る。当初はポルシェやマクラーレン、ローラといった、日本グランプリでも活躍を見せたような多気筒・大排気量のプロトタイプレーシングカーが強さを示していた。(写真=FUJI SPEEDWAY)
グリッドから各マシンが一斉にスタートを切る。当初はポルシェやマクラーレン、ローラといった、日本グランプリでも活躍を見せたような多気筒・大排気量のプロトタイプレーシングカーが強さを示していた。(写真=FUJI SPEEDWAY)拡大
当初のグランチャンピオンシリーズでは、市販車ベースのレースカーと純レーシングカーが混走していた。(写真=FUJI SPEEDWAY)
当初のグランチャンピオンシリーズでは、市販車ベースのレースカーと純レーシングカーが混走していた。(写真=FUJI SPEEDWAY)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事