第548回:欧州で猛威をふるう日産車旋風!
グッバイ! ドイツ車、そしてハロー! キャシュカイ

2018.04.06 マッキナ あらモーダ!

フランス製が好調

日産史上初のフランス製(実際にはルノー工場製)である5代目「日産マイクラ」(日本名:「マーチ」。新型は日本未導入)は、好調な滑り出しを見せている。2018年3月の現地法人発表によれば、フランス国内ではすでに1万台が納車されたという。

その勢いを加速させるかのように、フランスでは、マイクラの広告が盛んに見られるようになった。ちなみに現地では「ミクラ」と発音されている。

CMのエンディングには、「MICRA Made in France」というキャッチが現れる。自国語の保存伝承を促進するための法律にしたがい、「fabrique en France」の文字も併記されている。
 
2018年3月2日には、フランス国内向けに、その名も「Made in France」という特別仕様も投入された。400台限定で、「Apple CarPlay」をはじめとする豊富な機能に加え、レグザゴン(六角形)と呼ばれるフランス本土を図案化したバッジも付く。

かつて「トヨタ・ヤリス」(日本名:ヴィッツ)の欧州仕様を買った人に「フランス製ですね」と言った途端、たびたび相手に複雑な表情をされてきたボクとしては、この施策が吉と出るのかやや疑問である。世界同一品質にすべく日夜奔走している担当者の努力もむなしく、欧州には「日本ブランドは、もちろん日本工場製がベスト」と思い込んでいる人が少なくないのだ。

しかしながら、増加する移民などの影響やポピュリスト政党の活動を受け、ナショナリズムの機運が台頭する昨今である。Made in Franceのスローガンは、それなりの効果を示すかもしれない。

5代目から欧州仕様がフランス製となった「日産マイクラ」。“ファクトリーフォト”(オフィシャル写真)は、トリコロールで勢ぞろい。
5代目から欧州仕様がフランス製となった「日産マイクラ」。“ファクトリーフォト”(オフィシャル写真)は、トリコロールで勢ぞろい。拡大
ヨーロッパ各国で徐々に見かけるようになってきた。
ヨーロッパ各国で徐々に見かけるようになってきた。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事