第85回:日産はカーマニアを切り捨ててる?

2018.04.10 カーマニア人間国宝への道

カーマニアの言い分

元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビュー絶賛連載中ではあるが、カーマニアの皆さまにも、言いたいことはあるだろう。例えばこんな風な。

「それにしたって、最近の日産車のデザイン、全然良くないよ!」

実を言えば私も、現在国内で売られている日産車の中に、「これはステキだ! 欲しい!」と思えるデザインはひとつもない。

近年発表された日産車の中では、「ジューク」のデザインは非常にユニークで、間違いなく世界に影響を与えた。「シトロエンC3」を見れば、誰でも「これはシトロエン版ジュークじゃないか?」と思うのではないか。まさかシトロエンのデザインが、日産車のフォロワーになろうとは! 考えてみればすごいことである。「アウディQ2」もアウディ版ジュークだと見ている。

が、私個人としては、ジュークのデザインは好みじゃないし、全然欲しいと思わない。グローバルではヒット作だが、日本での売れ行きは、発売直後を除いてあまり良くない。

ぶっちゃけ、ジュークのデザインは、多くの日本人にはエグすぎた(たぶん)。中でもカーマニアは保守的で、伝統的なヨーロピアンデザインを好むので、ああいった斬新すぎるデザインは否定の対象だ。

なにしろ、近年国内市場で台数が出ている日産車といえば、軽を除けば「ノート」と「セレナ」と「エクストレイル」くらい。その3モデルで約7割を占める。ノートもセレナもエクストレイルも、カーマニア的にはステキなデザインには感じないし、その他のモデルも、多くがいまひとつだ。

「日産ジューク」
「日産ジューク」拡大
「シトロエンC3」
「シトロエンC3」拡大
「アウディQ2」
「アウディQ2」拡大
「日産エクストレイル」
「日産エクストレイル」拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.16 試乗記 日本市場から姿を消していた間に、北米ではトヨタブランドトップの販売台数を誇るモデルにまで成長を遂げた「RAV4」。3種類の四駆システムと、悪路での高いパフォーマンスを期待させるタフなスタイリングを採用した新型を、一般道とオフロードに連れ出してみた。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • 日産が「エクストレイル」の安全装備の仕様を向上 2019.1.11 自動車ニュース 日産が「エクストレイル」の仕様を変更。「ハイビームアシスト」「日産オリジナルナビ取付パッケージ」を全グレードに標準装備化。また標準装備である「踏み間違い衝突防止アシスト」機能に前進時歩行者検知機能を追加した。
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
ホームへ戻る