いよいよ開幕SUPER GT 2018
今シーズンはここに注目!

2018.04.06 デイリーコラム

F1王者バトンと小林可夢偉がフル参戦

4月を迎え、SUPER GTの開幕が近づいてきた。今季の開幕戦は4月7日、8日。岡山国際サーキットを舞台に、GT500クラス15台、GT300クラス29台、計44台がそれぞれのクラスチャンピオンを目指して戦う。

国内3大メーカーの激突や世界のGTマシンの競演で人気を呼ぶSUPER GTだが、今季はマシンよりも2人の元F1ドライバーのレギュラー参戦に国内外の視線が注がれている。

そのドライバーとは、ジェンソン・バトンと小林可夢偉。バトンはホンダのF1マシンにも乗り、2009年にF1ワールチャンピオンを獲得した世界のビッグネームだ。可夢偉は、2012年の日本GPで日本人最高位タイとなる決勝3位に入った男。昨年の第6戦鈴鹿1000kmに初のスポット参戦を済ませた2人だが、今年はついにシーズンのフル参戦が決定した(可夢偉はWEC<世界耐久選手権>出場で1戦欠場予定)。

昨年の鈴鹿戦は実質“ゲスト”だった彼らだが、今季はバトンがNo.100 RAYBRIG NSX-GTでホンダのエース山本尚貴とペアになり、可夢偉はNo.39 DENSO KOBELCO SARD LC500でF1優勝経験のあるヘイキ・コバライネンと組む。どちらも“勝てるチーム体制”だけに、早くも勝利のXデーを期待するメディアも多い。

しかし、F1の経験があるGTドライバーの先輩であり2016年王者のコバライネンも、1年目はハイスピードで50台近い2クラスのマシンが混走するSUPER GTの難しさ、そして大馬力のGT500マシンの扱いに悩んだ。それに、SUPER GTの歴戦の猛者がF1の看板にビビることもないだろう。世界も注目するビッグネームが、GT500でどんなバトルを見せてくれるのか? 開幕戦岡山が非常に楽しみだ。

2018年のSUPER GT選手権は、4月から11月にかけて全8戦が開催される。(写真は2017年の開幕戦・岡山でのスタートシーン)
2018年のSUPER GT選手権は、4月から11月にかけて全8戦が開催される。(写真は2017年の開幕戦・岡山でのスタートシーン)拡大
今シーズンは、F1世界選手権の元チャンピオンであるジェンソン・バトン(写真中央)がフル参戦する。
今シーズンは、F1世界選手権の元チャンピオンであるジェンソン・バトン(写真中央)がフル参戦する。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事