第494回:新型「スバル・フォレスター」がデビュー!
ニューヨークショーで見た、率直な感想は?

2018.04.07 エディターから一言
2018年のニューヨークショーで世界初公開された新型「スバル・フォレスター」。
2018年のニューヨークショーで世界初公開された新型「スバル・フォレスター」。拡大

ニューヨーク国際自動車ショーで、いよいよ世界初公開された新型「スバル・フォレスター」。日米問わず根強いファンを持つスバルの最量販モデルは、果たしてどのような進化を遂げたのか? モーターショーの会場から、その第一印象をリポートする。

2018年3月28日(現地時間)に行われたプレスカンファレンスの様子。現地での注目度の高さをうかがわせる。
2018年3月28日(現地時間)に行われたプレスカンファレンスの様子。現地での注目度の高さをうかがわせる。拡大
ワゴンを思わせる背の低いボディーが特徴の快速SUVとして、1997年に登場した「フォレスター」。2007年にデビューした3代目で一般的なミドルクラスSUVにコンセプトを変更。今回発表された新型は、5代目のモデルにあたる。
ワゴンを思わせる背の低いボディーが特徴の快速SUVとして、1997年に登場した「フォレスター」。2007年にデビューした3代目で一般的なミドルクラスSUVにコンセプトを変更。今回発表された新型は、5代目のモデルにあたる。拡大
新型「フォレスター」に搭載される2.5リッター水平対向4気筒直噴エンジン。力強く軽快なドライブフィールと高い環境性能を両立するため、従来の2.5リッターエンジンから、実に90%の部品が刷新されたという。
新型「フォレスター」に搭載される2.5リッター水平対向4気筒直噴エンジン。力強く軽快なドライブフィールと高い環境性能を両立するため、従来の2.5リッターエンジンから、実に90%の部品が刷新されたという。拡大
新型「フォレスター」のインストゥルメントパネルまわり。
新型「フォレスター」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
表皮素材にステッチを施すなど、ドアの内張りについても質感の向上が図られている。
表皮素材にステッチを施すなど、ドアの内張りについても質感の向上が図られている。拡大

このデザインは間違いなく確信犯

ニューヨーク国際自動車ショーの会場で見た新型「スバル・フォレスター」の第一印象は、「これはまた、潔いまでにキープコンセプトなクルマだな」というものだった。こんなことを言うとデザイナー氏は気を悪くするかもしれないが、本当に従来モデルとソックリなのだ。ついでに、3列シートSUVの「アセント」とも。

確かに、じっと目を凝らせば「DYNAMIC×SOLID」という最新のデザインコンセプトに沿う特徴も見受けられるのだが、“パッと見”で脳に刻まれるのは、やはり2007年デビューの3代目から受け継がれてきた部分(ライバルと比べて立ち気味のAピラー、広いグリーンハウス、ルーフの後端付近まで水平基調を保つルーフラインなど)が主なのである。それどころか、顔を見れば六角形のフロントグリルや“つり目”のヘッドランプといった従来モデルの特徴がそのまま受け継がれているではないか。これはもう、ゼッタイ、確信犯だろう。

もちろん、記者がこの外観イメージを「あえての確信犯だな」と考えた理由はそれだけではない。というのもこのクルマ、デザイン以外は従来モデルから一新されているのだ。

車両骨格はスバルの新世代アーキテクチャー「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」に置き換わっているし、エンジンも新開発の2.5リッター直噴ユニットに変更。フォレスターの伝統だったターボエンジンの設定は廃止された。ドライブトレインにも新たにアクティブトルクベクタリングを採用するなどの改良が見られるし、顔認証技術を応用し、ドライバーが乗車すると自動でドライビングポジションやエアコンの設定を調整する“おもてなし機能”を採用するなど、技術的に新しい試みも積極的に取り入れられている。

乗ってみても(運転はしていませんが)進化の程は明らか。インテリアは意匠が変わっただけでなく、ダッシュボードやドアトリムにもステッチを施すなどして質感を向上。長くなったホイールベースのおかげで、後席のニールームは明らかに広くなった。ちなみに、ボディーサイズは全長×全幅×全高=4625×1815×1730mmと、従来モデルよりちょこっとだけ大きくなっている。

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る