あなたの地元の交通事故は……?
愛知のキャンペーンから安全運転を考える

2018.04.13 デイリーコラム

まずはみんなの自覚から

小学校低学年の頃、学校でよく交通安全指導が行われていたことを覚えている。自動車事故が増加し、“交通戦争”と呼ばれるほどの社会問題となっていたからだ。いつも不思議に思っていたのは、愛知県は交通事故死が全国一多いから気をつけましょう、と言われていたこと。住んでいた名古屋は大都市ではあったが、東京や大阪のほうがもっと大きいことぐらいは知っていた。クルマもたくさん走っているはずなので、愛知県が不本意なナンバーワンであることに納得がいかなかったのだ。

今もまだ汚名を返上できていないらしい。愛知県では2018年4月5日、春の全国交通安全運動に合わせて「“AICHI 脱ワースト”交通安全キャンペーン」が開始された。特設サイトには悲痛な決意をつづった“宣言”が書き記されている。

「知っていますか。愛知県は交通事故死者数が全国ワーストです。それも15年も連続で。この不名誉な事実をなんとかしたい。そのために、そのことをみんなが強く自覚することから始めましょう」

2017年の愛知県内の交通事故死者数は200人。177人の埼玉県、164人の東京都を引き離して唯一の200人台だ。警察庁交通局による47都道府県の集計データを示そう。

平成29年中の都道府県別交通事故死者数
※多い順に1位から47位まで(単位:人)

1位:愛知県(200)
2位:埼玉県(177)
3位:東京都(164)
4位:兵庫県(161)
5位:千葉県(154)
6位:大阪府(150)
7位:神奈川県(149)
8位:北海道(148)
9位:茨城県(143)
10位:福岡県(139)
11位:静岡県(128)
12位:岡山県(97)
13位:栃木県(95)
14位:広島県(91)
15位:三重県(86)
16位:新潟県(85)
17位:長野県(79)
17位:山口県(79)
19位:愛媛県(78)
20位:岐阜県(75)
21位:熊本県(73)
22位:福島県(68)
23位:群馬県(67)
24位:京都府(66)
24位:鹿児島県(66)
26位:岩手県(61)
27位:滋賀県(55)
28位:宮城県(51)
29位:香川県(48)
30位:長崎県(47)
31位:福井県(46)
32位:大分県(44)
32位:沖縄県(44)
34位:青森県(42)
34位:宮崎県(42)
36位:奈良県(40)
37位:山形県(38)
37位:和歌山県(38)
39位:山梨県(37)
39位:富山県(37)
41位:佐賀県(36)
42位:石川県(34)
42位:徳島県(34)
44位:秋田県(30)
45位:高知県(29)
46位:鳥取県(26)
47位:島根県(17)

計3694人

「“AICHI 脱ワースト”交通安全キャンペーン」は、愛知県警察と、中日新聞社が主宰する「AICHI 脱ワースト実行委員会」が実施するキャンペーン。官民が共同で安全運転の重要性を訴えることで、交通事故の減少を推進するという。(画像はオフィシャルサイトのイメージ)
「“AICHI 脱ワースト”交通安全キャンペーン」は、愛知県警察と、中日新聞社が主宰する「AICHI 脱ワースト実行委員会」が実施するキャンペーン。官民が共同で安全運転の重要性を訴えることで、交通事故の減少を推進するという。(画像はオフィシャルサイトのイメージ)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事