未来に受け継がれる古典の味

かように稀有(けう)な来歴の持ち主であるモーガンは、時にその歴史を逆手にとって、最近では現代的なアレンジの「エアロ8」をデビューさせたり、3ホイーラーを復活させたりして、そのつど好事家たちの話題をさらってきた。とはいえ、職人が一台一台ハンドメイドでクルマを作り続けている以上、そのキャパシティーは限られている。年間の生産台数はわずか850台で、新しいバリエーションが登場すればほかのモデルの生産が減り、その分納車も遅れるらしい。

それでも、首を長くして納車を待つオーナーのリストは増え続けているという。その魅力は、現代の交通環境に合わせてブレーキなどは強化されながらも、基本設計が変わらないことから、ほぼ当時のままの乗り心地、走りを堪能できることにある。つまりは“やせ我慢の美学”ともいえるかもしれない。

近年では環境問題についても配慮しており、2016年のジュネーブショーでは3ホイーラーをベースとした電気自動車「EV3」を発表。2018年の生産開始に向けて開発を進めている。電動化の時代を迎えても、モーガンは基本設計を守りつつ、これからも職人の手で作り続けられるのだ。

(文=内田俊一/編集=堀田剛資)
 

「エアロ8」は2000年のジュネーブショーで発表された。
「エアロ8」は2000年のジュネーブショーで発表された。拡大
ハンドメイドにこだわるモーガンの生産台数は、年間わずか850台と非常に少ない。
ハンドメイドにこだわるモーガンの生産台数は、年間わずか850台と非常に少ない。拡大
電気自動車の「EV3」。
電気自動車の「EV3」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事