第496回:いよいよ日本でもお披露目!
新型「スバル・フォレスター」の詳細に迫る

2018.04.19 エディターから一言
メディア向けに公開された新型「スバル・フォレスター」(北米仕様)。
メディア向けに公開された新型「スバル・フォレスター」(北米仕様)。拡大

ニューヨーク国際自動車ショーでの世界初公開から遅れること12日、日本でもいよいよ新型「スバル・フォレスター」(北米仕様)がメディア向けに披露された。そこで発表された新たな情報と、2度の取材を通して記者が感じた、このクルマの印象をリポートする。

新型「フォレスター」のデザインは、従来モデル……というより、3代目以降のそれを色濃く受け継いだもの。それでも、ボディーサイドを飾るプレスラインなど、ディテールの違いにより、よりシャープでアカ抜けたイメージとなっている。
新型「フォレスター」のデザインは、従来モデル……というより、3代目以降のそれを色濃く受け継いだもの。それでも、ボディーサイドを飾るプレスラインなど、ディテールの違いにより、よりシャープでアカ抜けたイメージとなっている。拡大
キープコンセプトな外装に対し、内装は従来モデルから一新された。デザインの変化はもちろん、大きく向上したクオリティーも要チェックである。
キープコンセプトな外装に対し、内装は従来モデルから一新された。デザインの変化はもちろん、大きく向上したクオリティーも要チェックである。拡大
北米仕様には、グレーやブラウンなど4種類のインテリアカラーが用意されているという。
北米仕様には、グレーやブラウンなど4種類のインテリアカラーが用意されているという。拡大

真っ先に実感したパッケージの進化

そもそも、5代目となる新型フォレスターは、これまでのモデルが築いてきた「どこにでも行ける、どんな場所でも使える」という価値は大事にしつつ、「冒険心を掻(か)き立てるデザイン」や「ひと目でわかる機能性の良さ」「気持ちよく移動を楽しめる空間」などの魅力をプラスすることが開発のテーマとされている。

なかでも、その進化を顕著に感じたのが「気持ちよく移動を楽しめる空間」、すなわちパッケージングだった(……まあ、走りや装備の出来栄えが確かめられない段階なので、当たり前といえば当たり前だが)。

どういうことかというと、乗ったら実感できるほどにゆとりが増していたのだ。資料に記載された数値を見ても、やや漠然とした表記ながら、“後席スペース”は946mm(従来モデル比で+33mm)、左右の“乗員間距離”は740mm(同+20mm)とされている。505リッターから520リッターに拡大された荷室容量も含め、車内空間の拡大は、新型フォレスターのひとつの目玉と言えそうだ。

一方、気になるボディーサイズについては、全長×全幅×全高=4625×1815×1730mm。従来モデルより全長で15mm、全幅で20mmのサイズアップだが、車内空間の拡大と比較すれば「肥大化は極力抑えられている」と評しても差し支えなさそう。全高についてはむしろ5mm低くなっているが、それでも「乗員の頭まわりには、従来モデルと同等のスペースを確保している」とのことだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型スバル・フォレスター(国内仕様車) 2018.5.18 画像・写真 新型「スバル・フォレスター」の販売が2018年夏にスタート! その姿を写真で紹介する。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • マツダからSUVスタイルの軽トールワゴン登場 2018.12.26 自動車ニュース マツダの軽トールワゴン「フレアワゴン」にSUVライクな意匠が特徴の新モデル「タフスタイル」が登場。「スズキ・スペーシア ギア」の姉妹モデルにあたり、専用デザインの内外装に加えて、はっ水加工のシート表皮や防汚仕様のラゲッジスペースも特徴となっている。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【レビュー】 2017.11.6 試乗記 トヨタの本格オフローダー「ランドクルーザープラド」がマイナーチェンジ。ただしその変化は、モデルライフ半ばの化粧直しだけにあらず。試乗してみると、走りにもランクルらしい改良の成果が表れていた。
ホームへ戻る