第22回:ルノー誕生――フランスの革新者
合理的な精神が生んだ小型車作りの伝統

2018.04.19 自動車ヒストリー 独創的な技術によって自動車を革新し、フランス随一のメーカーへと成長を遂げたルノー。誕生と隆盛、戦災、そして国有化という、波乱に満ちたその歴史を、創始者であるルイ・ルノーや、その兄弟のエピソードとともに紹介する。

フランス人が推し進めた自動車の進化

1985年、西ドイツは自動車誕生100周年記念行事を開催した。初めて自動車を造ったカール・ベンツとゴットリープ・ダイムラーの偉業を記念する式典である。その1年前に自動車100周年を祝っていた国がある。フランスだ。フランス人のドラマール・ドブットヴィルとレオン・マランダンが自動車を発明したと、今も信じられている。

1番手争いの真相はともかく、自動車の生産と販売を行って産業の基盤を築いたのは、間違いなくベンツとダイムラーである。ただし、自動車を発展させて現代にも続く仕組みを完成させたのは、確かにフランス人だった。

ドイツで造られた初期の自動車は、馬車を模したスタイルを採用していた。エンジンの置き場所として選ばれたのは、座席の下部か後方である。チェーンを介して後輪を駆動するRR方式をとったのだ。このレイアウトだと必然的に着座位置は高くなり、安定性に支障が生じる。解決策を与えたのは、フランス人のエミール・ルヴァソールだった。エンジンと乗員の関係を上下から水平に変えたのである。

エンジンをフロントに置き、クラッチとギアを使って後方に駆動力を伝える。システム・パナールと呼ばれる方式で、現代のFRも同じ考え方の延長にある。重心を低くしただけでなく、前輪に荷重がかかることによって操縦性も向上した。システム・パナールの優秀性が認められ、ダイムラーも1887年にこの方式を採用した。

ルヴァソールの発明によって、自動車の設計の自由度が飛躍的に高まった。しかし、十分ではない。駆動力伝達の機構は旧態依然としていて、効率が悪かった。1899年に革新的な技術を開発したのがルイ・ルノーである。彼はまだ21歳の青年だった。

ドラマール・ドブットヴィルとレオン・マランダンの2人が製作したという四輪自動車。
ドラマール・ドブットヴィルとレオン・マランダンの2人が製作したという四輪自動車。拡大
1894年にベンツが発売した「ヴェロ」。RRの駆動方式を用いた簡便な四輪車で1898年までに1200台が量産されたという。
1894年にベンツが発売した「ヴェロ」。RRの駆動方式を用いた簡便な四輪車で1898年までに1200台が量産されたという。拡大
FRの駆動レイアウトを発明したエミール・ルヴァソールだが、当初はまだ、ファイナルドライブに自転車のようにチェーンを用いていた。
FRの駆動レイアウトを発明したエミール・ルヴァソールだが、当初はまだ、ファイナルドライブに自転車のようにチェーンを用いていた。拡大
ルノーにとって最初のモデルとなった「タイプA」。ルノーが製作した一連のコンパクトカーは「ヴォワチュレット」と呼ばれて人気を博した。
ルノーにとって最初のモデルとなった「タイプA」。ルノーが製作した一連のコンパクトカーは「ヴォワチュレット」と呼ばれて人気を博した。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事