日本での常識は通用しない?
日・米・欧、都市部のクルマ事情

2018.04.23 デイリーコラム

マンハッタンのクルマはおおむね汚れている?

世界的な都市部への人口集中が加速する中、公共交通の整備やクルマを使った新たなるサービスの普及が進んでいる。例えば、次世代型路面電車(LRT)の新設や、ライドシェアリング、そして個人間での自動車レンタルなどだ。そうした時代変化を踏まえた上で、アメリカ、欧州、そして日本のクルマ事情を比較して見ると、意外な違いが浮き彫りになってくる。

トランプ政権の強硬な経済政策が奏功し、なんだかバブルっぽい雰囲気が漂うニューヨークのマンハッタン。地下鉄は整備され、またイエローキャブも多く、さらに最近はUberやLyftなどライドシェアリングを利用する人も増えている。

そんな世界屈指の大都市では、ピカピカの高級車がウジャウジャいるかと思いきや……。ロールス・ロイスやベントレーなど3000万円級の欧州車にお目にかかることは極めて珍しく、メルセデスやBMWでも最上級モデルではなく「Eクラス」や「5シリーズ」が主流といった印象だ。一方、アメリカ車の場合は、黒塗りの「キャデラック・エスカレード」や「リンカーンMKX」が目立つ。こちらは、ホテルの送迎車でもエグゼクティブ用の運転手付きの社用車でもなく、ライドシェアリングのUberやLyft用に個人が所有しているクルマが多い。

驚くことに、こうしたマンハッタンを走る高級車は、ボディーが汚れているケースが少なくない。室内は最低限の清掃はしているものの、日本のようにガソリンスタンドで徹底的にボディーを磨き上げるという感じではないのだ。どんな高級車であっても、アメリカ人にとってクルマは“移動のための道具”という意識が強いためではないだろうか。

ニューヨーク州マンハッタン ミッドタウンの道路交通の様子。
ニューヨーク州マンハッタン ミッドタウンの道路交通の様子。拡大
ヒルトンなどといった高級ホテルの周辺でも、ロールス・ロイスやベントレーなどの姿は稀(まれ)だ。
ヒルトンなどといった高級ホテルの周辺でも、ロールス・ロイスやベントレーなどの姿は稀(まれ)だ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事