「ルーテシア ルノースポール」に黒いボディーが魅力の限定車

2018.04.23 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシアR.S.18」
「ルノー・ルーテシアR.S.18」拡大

ルノー・ジャポンは2018年4月22日、自動車イベント「モーターファンフェスタ2018」の会場(富士スピードウェイ)において、限定モデル「ルーテシア ルノースポール18(R.S.18)」の実車を公開した。

ブラックアウトされた「RENAULT SPORT」のロゴ。
ブラックアウトされた「RENAULT SPORT」のロゴ。拡大
「ルーテシアR.S.18」のインストゥルメントパネルまわり。
「ルーテシアR.S.18」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
ファンに車両を紹介するルノー・ジャポンの大極 司(だいごく つかさ)社長(右)と、イベントのMCを務めたピストン西沢氏(左)。
ファンに車両を紹介するルノー・ジャポンの大極 司(だいごく つかさ)社長(右)と、イベントのMCを務めたピストン西沢氏(左)。拡大
会場を訪れたルノーのファンと、「ルーテシアR.S.18」。正式な発表は2018年5月を予定している。
会場を訪れたルノーのファンと、「ルーテシアR.S.18」。正式な発表は2018年5月を予定している。拡大

今回のルーテシアR.S.18は、2018年5月に正式発表が予定されている特別仕様車であり、車名の「R.S.18」はルノーが今季F1に投入しているフォーミュラカーに由来している。

ベースとなったのは、ルーテシアR.S.のなかでも1.6リッターターボエンジンの最高出力を220psに、最大トルクを260Nmに高めるとともに、サーキット走行向けのローダウンシャシーを採用した「ルーテシアR.S.トロフィー」である。

このほかの詳細はまだ明らかになっていないが、「お披露目の前日に日本に届いたばかり」という実車を見たところ、外観ではエンブレム類までブラックアウトされたボディーと、ロワグリルやドアパネルの下部を飾るイエローのアクセント、各部を飾る専用のデカールが特徴。一方インテリアには、レザーとスエード調皮革が用いられたステアリングホイールや、シリアルナンバー入りのドアシルプレートが装備されている。

なお、このR.S.18については、本国ではすでに同名のモデルが発売されているが、本国仕様と日本のそれとでは仕様が異なっているという。また日本での販売台数は50台の限定となる見込みで、ルノー・ジャポンでは購入希望者が多い場合は、抽選などを実施する可能性もあるとしている。

価格やこの他の詳細については、5月の正式発表時に公表される。

(Clubpyme)

「ルーテシア ルノースポール18」の詳しい画像はこちら
 

関連キーワード:
ルーテシアR.S., ルノー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.11.6 試乗記 FF市販車ニュル最速の座を奪還すべく、新たなエンジンやデュアルクラッチ式AT、4輪操舵システムなどを手にした新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。富士山麓のワインディングロードで、その進化のほどを探った。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール【動画試乗記】 2013.3.1 試乗記 ルノー・メガーヌ ルノースポール(注文生産オプション 19インチホイール)(FF/6MT)
    ……422万円

    最高峰レースの舞台として知られる鈴鹿サーキットを、ルノーのハイパフォーマンスクーペ「メガーヌR.S.」でタイムアタック。果たして、その結果は……? 動画で報告する。

    には、今回のタイムアタックの様子を荒 聖治氏が自ら記したインプレッションが掲載されています。併せてご覧ください。
  • 「ボルボXC40」が「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」を受賞 2018.12.7 自動車ニュース “その年の最も優秀なクルマ”を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」の最終選考会が2018年12月7日に東京都内で開かれ、ボルボの新型SUV「XC40」が今年のイヤーカーに選ばれた。
  • 【LAショー2018】マツダ、新型「アクセラ」を発表 2018.11.28 自動車ニュース マツダは2018年11月27日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスモーターショー開幕前夜に行われたプレビューイベントで新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」を世界初公開した。4代目となる新型マツダ3は、従来通りセダンとハッチバックをラインナップする。
ホームへ戻る