本田技研工業は2018年4月23日、原付二種の新型バイク「モンキー125」を、同年7月12日に発売すると発表した。

“モンキーらしさ”を追求したデザインのこだわり

モンキー125は、2017年8月に生産終了となった従来型の50ccモデル「モンキー」より「シンプル」「コンパクト」「愛らしさ」などの魅力を受け継いだレジャーバイクであり、力強く扱いやすい125ccクラスのエンジンや、取り回しのしやすいサイズ感、親しみやすいデザインなどを特徴としている。

スタイリングは前後長を短く、上下にボリューム感を持たせた台形シルエットを採用。燃料タンクやシート、サイドカバー、スチールフェンダーはいずれも独立感のある形状とし、趣味性の高いモデルとして、スチール製の前後フェンダーやマフラーカバー、ヘッドライトリムにはクローム仕上げを用いている。これら外観パーツについてはシンプルな曲面で構成されている点も特徴で、丸いヘッドライトやテールランプ、スピードメーター、バックミラーなどとも相まって、モンキーならではの愛らしさを演出しているという。

ボディーカラーは「パールネビュラレッド」と「バナナイエロー」の2色を設定。ポリッシュ加工で仕上げた燃料タンクのエンブレムやウェーブキーには、いずれもクラシカルな雰囲気のホンダの「オールドウイングマーク」を用いている。

一方で、今日のバイクらしいモダンな装備も取り入れており、すべてのランプ類に高輝度で被視認性にも優れたLEDを採用。LCDタイプのスピードメーターでは、イグニッションONの操作でウインクするアニメーションが楽しめる。

さまざまなシーンで楽しめる走り

デザインへのこだわりはバックボーン式フレーム+スイングアームの車体にも表れており、シートレールには剛性を確保しながら、デザインの基調であるラウンドシェイプに合わせた形状を採用。足まわりについても、フロントはバネ下重量を軽減する倒立フォークとする一方で、リアのスイングアームは長円形の断面を持つ専用設計とすることで縦方向の剛性とラウンドシェイプのデザインを両立している。ホイールベースは1155mmで、モンキーならではのシルエットとともに、直進安定性やコーナリング性能についても配慮。不整地を含め、さまざまな走行状況で楽しめる操縦性を実現しているという。

パワープラントは124ccの空冷4ストローク単気筒OHCエンジンと4段マニュアルトランスミッションの組み合わせで、市街地で多用する回転域では力強く、ツーリング走行ではスムーズさを楽しめる出力特性を追求。タイヤは12インチのブロックパターンタイプで、クッション性の良い高密度ウレタンのシートの採用などとも相まって快適な乗り心地を実現するとともに、剛性感としなやかさを兼ね備えた扱いやすい操作フィールも備えているという。

ブレーキは前後ともにディスク式で、フロントのみABSを装着したタイプも用意している。

価格は以下の通り。

  • モンキー125:39万9600円
  • モンキー125<ABS>:43万2000円

(Clubpyme)
 

すべての画像・写真を見る