フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(後編)

2018.04.26 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は、新型「フォルクスワーゲン・ポロ」。後編では、主にそのデザインや居住性を評価する。

デザインはけっこう攻めている

前編では、アクセルペダルとブレーキに軽い違和感を覚えながらも、ポロの優れたコーナリング性能を高く評価した谷口信輝。ここからは、クルマを止めた状態でじっくりと観察してもらうことにしよう。

まずはエクステリアデザインから。
「まあ、こういうデザインもいいですよね、街にすっかりと溶け込んで。あとで『谷口さん、あのときどこそこを走っていたでしょう?』なんて言われる心配はまずない。いいんじゃないですか」

こう聞くと、谷口はポロのスタイリングをあまり積極的に評価していないように思えるが、もう少し掘り下げてみると、意外と気に入っていることがわかった。

「いやいや、全然ネガティブな意味じゃなくて。見た感じも、ライトのデザインはかっこいいし、ボディーサイドのプレスラインも結構攻めている感じですよね」

最近のフォルクスワーゲンはどれもシャープなキャラクターラインが彫り込まれているが、それはポロも例外ではない。そういえば、触ると指が切れてしまうのではないかと思えるほど鋭敏そうなエッジの断面は、いわゆるプレミアムブランドでさえ簡単には作れないほど小さなR(曲率半径)で仕上げられていると、ライバルメーカーのデザイナーから聞いたことがある。

私の説明に、「へー、そうなんですか。結構こだわっているんですね」と谷口は驚きの声を上げた。
「言われてみれば、なるほどって感じだけれど、言われなかったらそこまで気づかないかもしれない。せっかくこだわっているんだったら、もっと世の中に広く発信すればいいのに……」

 
フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(後編)の画像拡大
 
フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(後編)の画像拡大
 
フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(後編)の画像拡大
フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4060×1750×1450mm/ホイールベース:2550mm/車重:1160kg/駆動方式:FF/エンジン:1リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:95ps(70kW)/5000-5500rpm/最大トルク:175Nm(17.9kgm)/2000-3500rpm/タイヤ:(前)195/55R16/(後)195/55R16(コンチネンタル・コンチプレミアムコンタクト5)/価格:265万円
フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4060×1750×1450mm/ホイールベース:2550mm/車重:1160kg/駆動方式:FF/エンジン:1リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:95ps(70kW)/5000-5500rpm/最大トルク:175Nm(17.9kgm)/2000-3500rpm/タイヤ:(前)195/55R16/(後)195/55R16(コンチネンタル・コンチプレミアムコンタクト5)/価格:265万円拡大

関連キーワード:
ポロ, フォルクスワーゲン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロGTI」に試乗。自身のボディーサイズの拡大に加えて、弟分の「up! GTI」がデビューしたことにより、コンパクトという主張がしづらくなった“次男坊”は、どんな魅力を備えているのだろうか。
  • ホンダ・ヴェゼル ツーリング・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.15 試乗記 ホンダのベストセラーSUV「ヴェゼル」に高性能グレード「ツーリング」が追加された。コンパクトなボディーを最高出力172psの1.5リッターVTECターボエンジンで操るうちに見えてきた、同車にとって最大のライバルとは!?
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
  • BMWアルピナD4ビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2019.2.14 試乗記 実に700Nmもの最大トルクを発生する、3リッター直6ディーゼルエンジンを搭載した「BMWアルピナD4ビターボ クーペ」。よどみない加速と繊細な乗り味に浸りながら、アルピナという小さな自動車メーカーが長年にわたり愛され続ける理由を考えた。
  • メルセデス・ベンツA180スタイル(FF/7AT)【試乗記】 2019.2.13 試乗記 メルセデス・ベンツの新世代デザインをまとい、華々しいデビューを飾った新型「Aクラス」。金看板の自然対話式インターフェイス「MBUX」を武器に、強豪ひしめくCセグメントの新たな盟主となることはできるのだろうか。
ホームへ戻る