谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(後編)

2018.04.26 mobileCG

レーシングドライバーの谷口信輝が、フルモデルチェンジで6代目となった最新の「フォルクスワーゲン・ポロ」に試乗。今回お届けする後編では、主にそのデザインや居住性について評価する。

 
谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(後編)の画像拡大

デザインはけっこう攻めている

前編では、アクセルペダルとブレーキに軽い違和感を覚えながらも、ポロの優れたコーナリング性能を高く評価した谷口信輝。ここからは、クルマを止めた状態でじっくりと観察してもらうことにしよう。

まずはエクステリアデザインから。
「まあ、こういうデザインもいいですよね、街にすっかりと溶け込んで。あとで『谷口さん、あのときどこそこを走っていたでしょう?』なんて言われる心配はまずない。いいんじゃないですか」

こう聞くと、谷口はポロのスタイリングをあまり積極的に評価していないように思えるが、もう少し掘り下げてみると、意外と気に入っていることがわかった。

「いやいや、全然ネガティブな意味じゃなくて。見た感じも、ライトのデザインはかっこいいし、ボディーサイドのプレスラインも結構攻めている感じですよね」

最近のフォルクスワーゲンはどれもシャープなキャラクターラインが彫り込まれているが、それはポロも例外ではない。そういえば、触ると指が切れてしまうのではないかと思えるほど鋭敏そうなエッジの断面は、いわゆるプレミアムブランドでさえ簡単には作れないほど小さなR(曲率半径)で仕上げられていると、ライバルメーカーのデザイナーから聞いたことがある。

私の説明に、「へー、そうなんですか。結構こだわっているんですね」と谷口は驚きの声を上げた。(続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=関 顕也)

この記事は会員限定公開です。モバイル版Clubpymeにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://clubpyme.info」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「Clubpyme」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「Clubpyme」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • トヨタ・カローラ スポーツG/カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”【試乗記】 2018.7.16 試乗記 「トヨタ・オーリス」がフルモデルチェンジを受け、日本では新型車「カローラ スポーツ」としてデビュー。最新の“つながる機能”を備えた、トヨタが世界で勝負するグローバルモデルの出来栄えは? 千葉の一般道で1.2リッターターボ車とハイブリッド車をテストした。
  • BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.26 試乗記 BMWのニューモデル「X2」に試乗。メーカーが「スポーツ・アクティビティー・クーペ(SAC)」と呼ぶスタイリッシュなSUVに、“駆けぬける歓び”は備わっているのか!? 「BMW 320d」を足にする清水草一がチェックした。
  • BMW X4 xDrive30i(4WD/8AT)/X4 xDriveM40d(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.7.19 試乗記 BMWのコンパクトでスタイリッシュなクロスオーバーモデル「X4」がデビューから4年半で早くも2代目に進化。新世代のボディー骨格を得て刷新されたSAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)は、しなやかな乗り味と高い静粛性でさらに魅力を増していた。
ホームへ戻る