スバルは2018年4月25日、北京モーターショーにおいて、新型「フォレスター」の中国仕様車を発表した。

スバルのグローバルにおける最量販車種であるフォレスターは、2018年3月のニューヨーク国際自動車ショーで5代目となる新型が世界初公開されている。

今回出展された中国仕様は、モーターアシスト機能を備えた新型のパワーユニット「INTELLIGENT BOXER(インテリジェントボクサー)」を採用しているのが最大の特徴だ。スバルが中国市場にモーターアシスト仕様車を投入するのは、今回が初めてだという。また、スバルブースには「XV」のモーターアシスト仕様車もあわせて展示されている。

インテリジェントボクサー搭載車は、モーターアシストによって4WDモデルとしてSUVカテゴリートップレベルの低燃費を実現するなど、優れた環境性能を確保しながら楽しい走りも実現しているという。

(Clubpyme)

すべての画像・写真を見る