【北京ショー2018】スバル、新型「フォレスター」のモーターアシスト仕様を公開

2018.04.25 自動車ニュース
新型「スバル・フォレスター」(中国仕様)
新型「スバル・フォレスター」(中国仕様)拡大

スバルは2018年4月25日、北京モーターショーにおいて、新型「フォレスター」の中国仕様車を発表した。

 
【北京ショー2018】スバル、新型「フォレスター」のモーターアシスト仕様を公開の画像拡大
 
【北京ショー2018】スバル、新型「フォレスター」のモーターアシスト仕様を公開の画像拡大

スバルのグローバルにおける最量販車種であるフォレスターは、2018年3月のニューヨーク国際自動車ショーで5代目となる新型が世界初公開されている。

今回出展された中国仕様は、モーターアシスト機能を備えた新型のパワーユニット「INTELLIGENT BOXER(インテリジェントボクサー)」を採用しているのが最大の特徴だ。スバルが中国市場にモーターアシスト仕様車を投入するのは、今回が初めてだという。また、スバルブースには「XV」のモーターアシスト仕様車もあわせて展示されている。

インテリジェントボクサー搭載車は、モーターアシストによって4WDモデルとしてSUVカテゴリートップレベルの低燃費を実現するなど、優れた環境性能を確保しながら楽しい走りも実現しているという。

(Clubpyme)

関連キーワード:
フォレスタースバル北京モーターショー2018モーターショー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型スバル・フォレスター(国内仕様車) 2018.5.18 画像・写真 新型「スバル・フォレスター」の販売が2018年夏にスタート! その姿を写真で紹介する。
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
  • 間もなく発売となる新型「スバル・フォレスター」
    洗練化の陰で失われた“伝統の技術”とは!?
    2018.6.20 デイリーコラム スバルのクロスオーバーSUV「フォレスター」の新型が間もなく発売される。5代目となる新型ではクルマ全体の水準が大きく引き上げられた一方で、初代からの伝統であった象徴的な装備が失われていることをご存じだろうか? 自動車ライター、大音安弘が解説する。
  • スバル、5代目となる新型「フォレスター」を発表 2018.6.20 自動車ニュース スバルは2018年6月20日、SUVの新型「フォレスター」を発表した。同年7月19日に販売を開始する。通算で5代目となる新型フォレスターは、スバルの最量販車種に位置付けられているグローバルモデルである。すでに2018年5月より先行受注が開始されていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る