「トヨタ・ウィンダム」の再来!?
2018年秋発売の「レクサスES」はこんなクルマ

2018.04.27 デイリーコラム

北米市場で稼ぎ頭に

2018年4月25日に開幕した北京モーターショーで、新型「レクサスES」がデビュー。同時に、2018年秋には日本市場にも初導入されることが発表された。レクサス自身が基幹モデルと位置づけるESとは、そもそもどんなモデルなのか?

レクサスの主戦場である北米をはじめ、中東やアジアなどで販売されているプレミアム中型FFサルーンであるES。その誕生は、今をさかのぼることおよそ30年の1989年。レクサスブランドを北米で展開するにあたり、フラッグシップの「LS400」(日本名:トヨタ・セルシオ)と共に、エントリーモデルとして投入されたのが、初代「ES250」である。すべて新規開発されたLS400とは異なり、それまで国内専用車だった2.5リッターV6エンジン搭載の(国内基準で)アッパーミドル級のFFサルーンだった「トヨタ・カムリ ハードトップ プロミネント」の内外装をLS400のイメージに近づけたモデルだった。

いわば間に合わせだった初代ESは、1991年に2年弱で世代交代。2代目となる「ES300」は、かの地でベストセラーに成長していた北米仕様の「カムリ」(日本名:セプター)がベース。それと共通のプラットフォームに独自のスタイリッシュな4ドアピラードハードトップボディーを載せ、3リッターV6エンジンを搭載していた。

この2代目ESは、LSで早くも評価を確立していたレクサスクオリティーの、上質で快適なミドル級サルーンとして好評を博し、北米におけるレクサスの稼ぎ頭となった。日本でも基本的に同じモデルが「トヨタ・ウィンダム」の名で販売されたが、アメリカンなワイドボディーのサイズ感、および「クラウン」を頂点とする既存のトヨタ車のヒエラルキーに属さない雰囲気で、まずまずの成功を収めたのだった。

「上質な快適性の追求」を開発テーマに掲げる新型「レクサスES」。日本国内でも2018年秋に発売される。(写真はすべて海外仕様車)
「上質な快適性の追求」を開発テーマに掲げる新型「レクサスES」。日本国内でも2018年秋に発売される。(写真はすべて海外仕様車)拡大
1989年に北米で販売された初代「レクサスES」。「トヨタ・カムリ ハードトップ プロミネント」をベースとした中型FFセダンだった。
1989年に北米で販売された初代「レクサスES」。「トヨタ・カムリ ハードトップ プロミネント」をベースとした中型FFセダンだった。拡大
2代目「レクサスES」(写真)は、日本では「トヨタ・ウィンダム」として販売された。「Are you WINDOM ?」のキャッチフレーズを使ったテレビCMをなつかしく思う方も多いのでは?
2代目「レクサスES」(写真)は、日本では「トヨタ・ウィンダム」として販売された。「Are you WINDOM ?」のキャッチフレーズを使ったテレビCMをなつかしく思う方も多いのでは?拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事