第498回:右も左もRENAULT SPORT!
富士スピードウェイの中心でルノー愛を叫ぶ

2018.04.28 エディターから一言
富士スピードウェイのレーシングコースを走る「ルノー・ルーテシア ルノースポール」(手前)と、「クリオ ウィリアムズ」(奥)。
富士スピードウェイのレーシングコースを走る「ルノー・ルーテシア ルノースポール」(手前)と、「クリオ ウィリアムズ」(奥)。拡大

ルノーの高性能モデル「ルノースポール」(以下R.S.)にスポットを当てたファン向けの公式イベント「ルノー・スポール・ジャンボリー」が富士スピードウェイで開催された。2年ぶり、9回目となるイベント会場に集ったファンたちの、熱いルノー愛をお届けする。

青空に映える富士山と黄色いルノーののぼり旗。2018年の「ルノー・スポール・ジャンボリー」は、見事な晴天の下で開催された。
青空に映える富士山と黄色いルノーののぼり旗。2018年の「ルノー・スポール・ジャンボリー」は、見事な晴天の下で開催された。拡大
新旧ルノー車が勢ぞろいしたCパドックの様子。最新モデルに加え、往年の「アルピーヌ」などといった珍しいモデルの姿も。
新旧ルノー車が勢ぞろいしたCパドックの様子。最新モデルに加え、往年の「アルピーヌ」などといった珍しいモデルの姿も。拡大
ルノーののぼり旗と同じ、イエローのボディーカラーをまとった車両の一団。参加車両は、やはり「メガーヌ」や「ルーテシア」などの高年式車が多くを占めていた。
ルノーののぼり旗と同じ、イエローのボディーカラーをまとった車両の一団。参加車両は、やはり「メガーヌ」や「ルーテシア」などの高年式車が多くを占めていた。拡大

富士の裾野に250台を超えるルノーが大集合

2018年4月22日、ルノー・ジャポン主催の公式イベント「ルノー・スポール・ジャンボリー」が帰ってきた。昨年は残念にも実施が見送られたが、今年は無事に、自動車ファンに向けたイベント「モーターファンフェスタ2018」と共催する形で開催。春というよりは初夏を思わせる快晴の下、専用会場となるCパドックには、開場と共にR.S.を中心に新旧のルノー車が勢ぞろい。雄大な富士山のもとに集ったその総数は、実に250台を超えた。

どこを見ても一面ルノーだらけという光景は、実に壮大。そんな会場を見渡してみると、やはり圧倒的に台数が多いのは現行型の「メガーヌR.S.」と「ルーテシアR.S.」の2モデルだが、もちろん「トゥインゴ」を含めた歴代R.S.も顔をそろえている。さらに、往年の名車である「サンクターボ」や元祖「アルピーヌA110」といった希少車も登場するなど、その顔ぶれは実に個性豊か。オーナー同士の交流も盛んに行われ、同型車や新旧モデルのオーナー同士が、愛車を前に談笑する姿が見受けられた。

富士スピードウェイで開催されるイベントなのだから、走りにまつわる催しも忘れてはならない。例年同様、レーシングコースではタイム計測付きのスポーツ走行「ルノー・スポールカップ」が実施され、R.S.モデルや、アルピーヌ、ゴルディーニといった走り自慢のルノーが快走を披露した。

あなたにおすすめの記事
新着記事