クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ランドローバー・レンジローバー イヴォークHSEダイナミック(4WD/9AT)

待てば海路の日和アリ!? 2018.05.02 試乗記 ランドローバーのスタイリッシュなSUV「レンジローバー イヴォーク」の2018年モデルに試乗。細部のブラッシュアップもさることながら、最新型のハイライトは、なんといってもパワーユニットが刷新されたこと。大きな期待を胸に乗り込んでみると……

絶対的なデザインを持っている!

ランドローバー・レンジローバー イヴォークは、地球に落ちてきた隕石(いんせき)のようなクルマです。いや、『2001年宇宙の旅』のモノリスか? イヴォークのデザインは、かつて人類が見たことないような、完璧に近い完成度を持っているような気がします。

元日産チーフデザイナーの故・前澤義雄氏は、イヴォークのデザインについて、こんな風に語っていました。

「並のデザインではない。すべての部分の質が高い。これを作った人は、SUVだとかクルマだとか、そういう常識を念頭におかずに、マーケティングも一切考えず、自分たちの作りたいものを作ったんだろう」

「大胆だが、しかし緻密でもある。ただ、一般的に褒めるべきデザインとはちょっと違う。イヴォークは、他のデザインの参考にはならない。鑑(かがみ)にすることはできない、絶対的なデザインだからだ」

さまざまな自動車デザインをメッタ斬りしてきた前澤氏がここまで褒めたクルマは、私の知る限り、「シトロエンC6」と「ジャガーXJ」(現行型)くらいのものです。

そんなイヴォークも、コンセプトカーのお披露目から数えるともう10年。日本に正式に導入されてから6年たちます。間もなくフルモデルチェンジともうわさされているので、今回試乗した2018年モデルが、熟成されまくった最終モデルになるのかもしれません。

日本でのデビューから、はや6年が過ぎた「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」。今回は最新の「インジニウム」ガソリンエンジンを搭載した2018年モデルをテストした。
日本でのデビューから、はや6年が過ぎた「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」。今回は最新の「インジニウム」ガソリンエンジンを搭載した2018年モデルをテストした。拡大
テスト車のグレードは「HSEダイナミック」。2018年モデルではこのグレードにのみインテリアに改良が加えられており、インパネトリムに「ダークスポーツ・テクスチャード・アルミニウム」を採用している。
テスト車のグレードは「HSEダイナミック」。2018年モデルではこのグレードにのみインテリアに改良が加えられており、インパネトリムに「ダークスポーツ・テクスチャード・アルミニウム」を採用している。拡大
ブランドアイコンともいえるロータリー式のシフトセレクターは、イグニッションオンでせり上がる。
ブランドアイコンともいえるロータリー式のシフトセレクターは、イグニッションオンでせり上がる。拡大

エンジンの刷新が最大のポイント

で、その2018年モデル、何が変わったかというと、エンジンのラインナップが一新されたのが最大のポイントです。かつてのフォードエンジンベースに代わって、ジャガー・ランドローバーが設計から開発まですべてを手がけた新世代ユニット「インジニウム」の2リッター直4ガソリンターボエンジン(最高出力240ps/最大トルク340Nm)と、2リッター直4ディーゼルターボエンジン(同180ps/同430Nm)が新たに採用されているのです。

今回乗ったのはガソリンモデルの方。実はこのエンジン、以前のエンジンと比べてみても、最高出力や最大トルクなどのスペックには変更がありません。「すべてが一新されたエンジン」で、パワー/トルクの変更がないというのは逆にビックリですが、細かく見れば、これまでのエンジンから15%の燃費向上を実現したほか、1250rpmという回転域で最大トルクを発生する特性を持っています。ちなみに以前のエンジンは1750rpmからでした。

装備も充実し、スマートフォンを利用して離れた場所からドアを施錠・解錠したり、エアコンを操作したりできるコネクティビティー機能がオプション設定されています。正直私はアナログ人間でして、そこまでまったく求めないのでどうでもいいのですが、ITに強い人ならスマホでいろいろできますよ、ということですね。

さて、アナログ人間として気になるのは、インジニウムエンジンがどうなのか、ということです。

実を言うと、現時点でははっきりしたことが言えません! 私が試乗したのは、「HSEダイナミック」の1台きり。取りあえずその1台きりの印象を申し上げますと、不思議なほど低速トルクがありませんでした。

「えっ? 以前と比べるとより低速トルクが増したはずじゃ」。そう思われることでしょう。しかし私が乗った個体は、逆に以前より低速トルクが痩せていたのです! なんでなんで?

2リッターターボの「インジニウム」エンジンは、従来の2リッターターボから15%の燃費向上(エンジン単体)がうたわれている。最新型「イヴォーク」では、JC08モード燃費が10.6km/リッター→13.4km/リッターへと、約26%向上している。
2リッターターボの「インジニウム」エンジンは、従来の2リッターターボから15%の燃費向上(エンジン単体)がうたわれている。最新型「イヴォーク」では、JC08モード燃費が10.6km/リッター→13.4km/リッターへと、約26%向上している。拡大
「インジニウム」エンジンは、ジャガー・ランドローバーが10億ポンド(約1500億円)を投じて建設した、英バーミンガム近郊の工場で生産される。
「インジニウム」エンジンは、ジャガー・ランドローバーが10億ポンド(約1500億円)を投じて建設した、英バーミンガム近郊の工場で生産される。拡大
テスト車にはセットオプション「ラグジュアリーパック」に含まれる「デュアルビュースクリーン」が装着されていた。助手席側から見た場合と運転席側から見た場合とで、別の映像を見ることができる。こちらは助手席側。
テスト車にはセットオプション「ラグジュアリーパック」に含まれる「デュアルビュースクリーン」が装着されていた。助手席側から見た場合と運転席側から見た場合とで、別の映像を見ることができる。こちらは助手席側。拡大
同じ状態で運転席側から見たところ。表示する情報は、運転席側と助手席側とで個別に設定できる。
同じ状態で運転席側から見たところ。表示する情報は、運転席側と助手席側とで個別に設定できる。拡大

自然と下品な走りになってしまう

乗ってみての率直な印象は、「タービンのレスポンスがやや遅い」というもの。ターボによる過給がモタつくので、すでに最大トルクを発生しているはずの1250rpmでは、ほとんど加速してくれなかったのです!

これは、ギアをマニュアルモードに固定してテストした結果です。カメのような加速しかしませんでした。これがDモードだと、低い回転でアクセルを踏み込むとまずシフトダウンし、そこから一拍遅れてターボが効く、という手順を踏みます。昔懐かしいターボラグというヤツが実感できてしまうわけですが、最近のレスポンス抜群のターボエンジンに慣れた身としては、低速域からアクセルを踏み込む→加速が物足りないからもうちょい踏み込む→その間にシフトダウン→やおら2000rpm以上でガバッとターボが効いて加速しすぎ→慌ててアクセルを戻す、という感じになってしまいます。

最大トルクを発生しているはずの1250rpmでは加速しないことは、優秀なる9段ATがよーく知っておりまして、Dレンジでアクセルを踏むと、とにかくシフトダウン→微妙なターボラグで一拍遅れてドーン、となる。つまり、これほど上品なルックスなのに、なんだか下品な走りになっちゃうわけです。

「HSEダイナミック」のタイヤサイズは20インチ。もともとサスペンションがスポーティーに締め上げられているので、乗り味はひたすらダイレクトです。これが例えば「SEプラス」なら18インチだし、「SE」なら17インチなので、印象がかなり激変するのだろうと想像しますが、このターボラグとガチガチな足まわりの組み合わせは、正直ツライ。見た目は完璧だけど走りが荒々しすぎるのではないか……。

実はインジニウムエンジンに関しては、ディーゼルの方にも同じ傾向を感じておりました。インジニウムディーゼルエンジンが最初に搭載されたのはジャガーの「XE」と「XF」ですが、その最初の試乗会で、「ディーゼルにしては低速トルクがないし、若干ターボラグもあるなぁ」と感じたのです。さすがにディーゼルだけに実用上問題のないレベルでしたが。

テスト車にはエクステリアを引き締める「グラファイトデザインパック」も装着されていた。ヘッドランプとフォグランプがブラックで縁取りされるほか、ボディー前後の「RANGE ROVER」ロゴがブラックに変更される。
テスト車にはエクステリアを引き締める「グラファイトデザインパック」も装着されていた。ヘッドランプとフォグランプがブラックで縁取りされるほか、ボディー前後の「RANGE ROVER」ロゴがブラックに変更される。拡大
「HSEダイナミック」では、穴あけ加工が施されたレザーシートが標準装備。しっとりとした風合いの表皮がいい感じ。
「HSEダイナミック」では、穴あけ加工が施されたレザーシートが標準装備。しっとりとした風合いの表皮がいい感じ。拡大
荷室の容量は575リッター~1445リッター。後席のシートバックは6:4分割で前に倒すことができる。
荷室の容量は575リッター~1445リッター。後席のシートバックは6:4分割で前に倒すことができる。拡大
センターに液晶スクリーンを備えた2眼式のメーターパネル。従来6400rpmからだったエンジン回転計のレッドゾーンが、6800rpmからに変更されている。
センターに液晶スクリーンを備えた2眼式のメーターパネル。従来6400rpmからだったエンジン回転計のレッドゾーンが、6800rpmからに変更されている。拡大

個体差なのかもしれないが……

これがインジニウムエンジンの特徴なのか!? と思いきや、実は、そうでもないのです。まず、インジニウムディーゼルについては、最近のモデルではこの症状がかなり解消されていました。イヴォークのディーゼルモデルでそれを確認いたしました。

そしてそして、インジニウムガソリンエンジンの方も、先日導入された「ジャガーEペース」に搭載された個体では、イヴォークで感じたようなマイナス要素がほぼなかった! 1250rpm付近(Eペースの249ps仕様は最大トルク365Nmを1300-4500rpmで発生)からちゃんと加速してくれた! この差はつまり、初期ロットにありがちな個体のバラツキというヤツでしょうか?

こういう例は意外と多いです。最初に用意される媒体向け広報車両は超初期ロットなので、本来の性能が出てなかった、あるいはバラツキがあったという例を、過去何度も経験しております。昔の話ではなくここ数年で。正直な話、同じエンジンでこうも印象が違うと、評価する意味がないということになってしまいます。

ただですね、ジャガーEペースのインジニウムガソリンエンジンが本来の姿だったとしても、以前のエンジンに比べ、フィーリング的に良くなった部分は特になかったです。前から低速トルクはあったし、不満はまったくなかったので。

あえて言えば高回転域でのスムーズさは増したかな? でもそこまで回すことってめったにないので、やっぱりこういうSUVにとって重要なのは低速トルク。

そこに関して万全を期すならば、「買うのはもうちょっと待った方がいいかもしれない」とは申し上げておきましょう。1年くらいとか。こういうクルマはやっぱりエレガントにスムーズに走ってもらいたいですから。あ、1年たったらフルモデルチェンジしてるのかな?

(文=清水草一/写真=峰 昌弘/編集=藤沢 勝)

ガレ場を行く「イヴォーク」。スタイリッシュな見た目ながら、デパーチャーアングル30度やランプブレークオーバーアングル22度といった数値は、「レンジローバー」の名に恥じないものだ。
ガレ場を行く「イヴォーク」。スタイリッシュな見た目ながら、デパーチャーアングル30度やランプブレークオーバーアングル22度といった数値は、「レンジローバー」の名に恥じないものだ。拡大
ボンネットのサイドに備わるフィニッシャーのカラーリングも、グレードごとに変更される。「HSEダイナミック」では「ナルヴィックブラック」が採用される。
ボンネットのサイドに備わるフィニッシャーのカラーリングも、グレードごとに変更される。「HSEダイナミック」では「ナルヴィックブラック」が採用される。拡大
「HSEダイナミック」では20インチのタイヤ&ホイールが標準。テスト車にはミシュランのオンロード向けSUVタイヤ「ラティチュード ツアーHP」が装着されていた。
「HSEダイナミック」では20インチのタイヤ&ホイールが標準。テスト車にはミシュランのオンロード向けSUVタイヤ「ラティチュード ツアーHP」が装着されていた。拡大

テスト車のデータ

ランドローバー・レンジローバー イヴォークHSEダイナミック

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4355×1900×1660mm
ホイールベース:2660mm
車重:1880kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
最高出力:240ps(177kW)/5500rpm
最大トルク:340Nm(34.7kgm)/1250rpm
タイヤ:(前)245/45R20 91S XL/(後)245/45R20 91S XL(ミシュラン・ラティチュード ツアーHP)
燃費:13.4km/リッター(JC08モード)
価格:709万円/テスト車=966万4000円
オプション装備:セキュアトラッカー(9万7000円)/プロテクト(3万7000円)/コネクトプロ(5万7000円)/アダプティブダイナミクス(17万6000円)/ウインザーレザーインテリア<オックスフォード>(23万2000円)/グラファイトデザインパック(47万2000円)/アダプティブLEDオートマチックヘッドランプ(31万1000円)/ACC(12万6000円)/コールドクライメイトコンビニエンスパック(8万1000円)/ラグジュアリーパック(84万7000円)/ブラックコントラストルーフ(8万2000円)/ウェイドセンシング(5万6000円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:2517km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(8)/山岳路(0)
テスト距離:270.4km
使用燃料:27.9リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:9.7km/リッター(満タン法)/9.8km/リッター(車載燃費計計測値)

ランドローバー・レンジローバー イヴォークHSEダイナミック
ランドローバー・レンジローバー イヴォークHSEダイナミック拡大
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『Clubpyme』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事
ac-sodan.info/kosak/area/ishikawa-html

https://plasticsurgery.com.ua

https://showroom-kiev.com.ua