【F1 2018 続報】第4戦アゼルバイジャンGP「拾った勝利の意味」

2018.04.30 自動車ニュース
F1第4戦アゼルバイジャンGPを制したメルセデスのルイス・ハミルトン(写真右から2番目)、2位に入ったフェラーリのキミ・ライコネン(同左端)、3位でレースを終えたフォースインディアのセルジオ・ペレス(同右端)。(Photo=Force India)
F1第4戦アゼルバイジャンGPを制したメルセデスのルイス・ハミルトン(写真右から2番目)、2位に入ったフェラーリのキミ・ライコネン(同左端)、3位でレースを終えたフォースインディアのセルジオ・ペレス(同右端)。(Photo=Force India)拡大

2018年4月29日、アゼルバイジャンのバクー・シティ・サーキットで行われたF1世界選手権第4戦アゼルバイジャンGP。スタートからフェラーリのセバスチャン・ベッテルがリードする展開は、レッドブルの同士打ちで入った2度目のセーフティーカーを機に、大きく様変わりすることとなった。

V6ハイブリッド時代の4年間で初の3連敗を喫していたメルセデス勢。セバスチャン・ベッテルのポールタイムに0.179秒届かず予選2番手に終わったルイス・ハミルトン(写真)は「フェラーリを倒すには速さが十分ではなかった」とするも、「レースはおもしろくなるはず」と決勝での挽回を誓った。日曜日の午後になっても、ベッテルに次ぐ2位のポジションからなかなか出られないでいたが、レッドブルの同士打ちで入ったセーフティーカーの後、ベッテルとバルテリ・ボッタスの脱落に助けられ待望の今季初勝利、通算63勝目が転がり込んできた。(Photo=Mercedes)
V6ハイブリッド時代の4年間で初の3連敗を喫していたメルセデス勢。セバスチャン・ベッテルのポールタイムに0.179秒届かず予選2番手に終わったルイス・ハミルトン(写真)は「フェラーリを倒すには速さが十分ではなかった」とするも、「レースはおもしろくなるはず」と決勝での挽回を誓った。日曜日の午後になっても、ベッテルに次ぐ2位のポジションからなかなか出られないでいたが、レッドブルの同士打ちで入ったセーフティーカーの後、ベッテルとバルテリ・ボッタスの脱落に助けられ待望の今季初勝利、通算63勝目が転がり込んできた。(Photo=Mercedes)拡大

連敗からの脱出

開幕からフェラーリのセバスチャン・ベッテルが2連勝を飾り、2週間前の第3戦中国GPではレッドブルのダニエル・リカルドが逆転優勝――2018年シーズンは、過去4年間79戦で63勝をマークしてきた孤高のチャンピオンチーム、メルセデスが3連敗を喫するという予想外の幕開けとなった。

開幕戦オーストラリアGPこそポールポジションからレース前半をリードし速さを示したメルセデス&ルイス・ハミルトンだったが、第2戦バーレーンGPから2戦連続してフェラーリにフロントロー独占を許し、レースのみならず予選での一発の速さという絶対的アドバンテージすら危うくなっている状況だ。

今季3戦を終えた時点で、チャンピオンシップリーダーのベッテルに9点差をつけられたランキング2位のハミルトンは、「タイヤの使い方を改善する必要がある」と、自らのチームの問題点を指摘。ライバルチームに比べ、タイヤを適切に使える幅が狭いという課題の解決方法については、まだ模索している最中という。

2017年においても、王者メルセデスは低速コースで苦戦を強いられていた。時として扱いづらくなるマシンを、チーム率いるトト・ウォルフは「ディーバ(歌姫、転じてわがまま娘、じゃじゃ馬の意)」と称していた。今年の姫はよりいっそう手ごわそうだが、果たしてアゼルバイジャンで王は姫の機嫌を直すことはできたのだろうか?

レース後、「ボッタスこそ勝者にふさわしい」とチームメイトに称賛となぐさめの言葉をかけていたハミルトン(写真左手前)。第1スティントをできるだけ伸ばしていたボッタス(同左端)は、2度目のセーフティーカーに乗じてトップに立つことができたものの、マシンの破片を踏みつけた影響で右リアタイヤがバースト、惜しくも勝利を逃した。第2戦バーレーンGP、第3戦中国GPと2戦連続2位。今回も優勝目前まで行ったが、なかなか表彰台の頂点に立てずにいる。(Photo=Mercedes)
レース後、「ボッタスこそ勝者にふさわしい」とチームメイトに称賛となぐさめの言葉をかけていたハミルトン(写真左手前)。第1スティントをできるだけ伸ばしていたボッタス(同左端)は、2度目のセーフティーカーに乗じてトップに立つことができたものの、マシンの破片を踏みつけた影響で右リアタイヤがバースト、惜しくも勝利を逃した。第2戦バーレーンGP、第3戦中国GPと2戦連続2位。今回も優勝目前まで行ったが、なかなか表彰台の頂点に立てずにいる。(Photo=Mercedes)拡大
予選Q3最後のアタック、ベッテルのポールタイムを上回っていながら、事実上の最終コーナーであるターン16で痛恨のミス、6番手に終わったキミ・ライコネン(写真)。今季4戦目にして初めてフロントロー以外からスタートした決勝では、早々にエステバン・オコンと接触し12位まで後退するも、その後順調に順位を挽回。レッドブル2台の同士打ちなどもあり、2位という好位置でゴールすることができた。(Photo=Ferrari)
予選Q3最後のアタック、ベッテルのポールタイムを上回っていながら、事実上の最終コーナーであるターン16で痛恨のミス、6番手に終わったキミ・ライコネン(写真)。今季4戦目にして初めてフロントロー以外からスタートした決勝では、早々にエステバン・オコンと接触し12位まで後退するも、その後順調に順位を挽回。レッドブル2台の同士打ちなどもあり、2位という好位置でゴールすることができた。(Photo=Ferrari)拡大

ベッテル、3戦連続のポールポジション

アゼルバイジャンの首都バクーでの市街地レースは今年で3回目。近代建築が並ぶ街並みや世界遺産の旧市街地を駆け抜ける、シーズン2番目に長い約6kmのコースは、90度ターンの連続から、最小幅7.6mのツイスティーセクション、そして2kmを超える直線区間と、異なる3つの顔を見せるユニークさを持ち合わせている。

金曜日の1回目のフリー走行でこそバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークしたものの、2回目はレッドブルのダニエル・リカルド、土曜日の3回目はベッテルが最速と、3強が拮抗(きっこう)。フェラーリ、レッドブルに押されていたメルセデスは、土曜日午後の予選になるとセットアップを大幅に見直し、息を吹き返してきた。

トップ10グリッドを決める予選Q3、最初のラップで最速だったのはベッテル。0.342秒遅れての2番手はハミルトン、次いでボッタス。最後のアタックでベッテルはタイヤをロックさせタイムアップを果たせなかったものの、メルセデスの2台との間には十分なマージンがあったため、3戦連続、通算53回目のポールポジションを決めることができた。キミ・ライコネンが痛恨のドライビングミスで6番手に終わったことで、フェラーリの3連続フロントロー独占はならなかった。

0.179秒届かずハミルトンは予選2位、ボッタス3位。リカルド4位、マックス・フェルスタッペン5位とレッドブル勢が続いた。今季初めて2台そろってQ3に進出したフォースインディアはエステバン・オコン7位、セルジオ・ペレス8位。ニコ・ヒュルケンベルグ9位、カルロス・サインツJr.10位とルノーが並ぶも、ヒュルケンベルグはギアボックス交換による5グリッド降格となり、ウィリアムズのランス・ストロールが繰り上がってトップ10入りした。

今シーズン初めて2台そろってQ3進出を果たしたフォースインディアは、エステバン・オコン7番グリッド、セルジオ・ペレス(写真)8番グリッドから今季初のダブル得点を目指したが、オコンはオープニングラップでライコネンと接触しリタイア。ペレスは激しい中団争いから一歩抜け出て3位表彰台を獲得した。ペレスにとってはバクーで2回目、キャリア通算では8度目のポディウムとなり、メキシコ人ドライバーとしての最多記録を更新した。(Photo=Force India)
今シーズン初めて2台そろってQ3進出を果たしたフォースインディアは、エステバン・オコン7番グリッド、セルジオ・ペレス(写真)8番グリッドから今季初のダブル得点を目指したが、オコンはオープニングラップでライコネンと接触しリタイア。ペレスは激しい中団争いから一歩抜け出て3位表彰台を獲得した。ペレスにとってはバクーで2回目、キャリア通算では8度目のポディウムとなり、メキシコ人ドライバーとしての最多記録を更新した。(Photo=Force India)拡大
土曜日の最後のフリー走行でトップを取ったベッテル(写真先頭)は、その勢いを維持したまま予選で3連続ポールポジションを獲得。レース前半は盤石の走りで首位を快走したが、2度目のセーフティーカーでボッタスに1位を奪われてしまう。首位奪還を狙った再スタートで失敗し、タイヤスモークを上げ大回りのラインを取って4位に脱落。チャンピオンシップでもリーダーの座をハミルトンに明け渡した。(Photo=Ferrari)
土曜日の最後のフリー走行でトップを取ったベッテル(写真先頭)は、その勢いを維持したまま予選で3連続ポールポジションを獲得。レース前半は盤石の走りで首位を快走したが、2度目のセーフティーカーでボッタスに1位を奪われてしまう。首位奪還を狙った再スタートで失敗し、タイヤスモークを上げ大回りのラインを取って4位に脱落。チャンピオンシップでもリーダーの座をハミルトンに明け渡した。(Photo=Ferrari)拡大

後続で相次いだ接触、クラッシュ

ペルシャ語で「風の街」を意味するバクー。決勝日は強い風に見舞われたのだが、レースはこの風雲に乗じてか、2度のセーフティーカーを呼び込む荒れた展開となった。

51周レースの幕開けは、上位陣が順当にスタートを切った一方、その後方ではセルゲイ・シロトキン、フェルナンド・アロンソ、ニコ・ヒュルケンベルグらが各所で接触。さらに6位を争っていたオコンとライコネンがぶつかり、フォースインディアがコース上にマシンを止めたことで、最初のセーフティーカーの出番が回ってきた。

6周目にレース再開。1位ベッテル、2位ハミルトン、3位ボッタスとトップ3台は順位そのまま、フェルスタッペンが4位、そしてサインツJr.が5位に上がり、リカルドは6位に後退した。トップのベッテルを追いかけたいハミルトンだったが、「タイヤのグリップがない」とチームに伝え、両車のギャップは一気に3秒まで開いてしまった。

元気がいいのはルノー勢、逆にバッテリーを十分にチャージできずペースが伸び悩んでいたのは、同じパワーユニットを積むレッドブル勢だった。9周目にサインツJr.がフェルスタッペンを抜き4位。さらにヒュルケンベルグもリカルド、フェルスタッペンを相次いでオーバーテイクし5位までポジションアップ。しかし、程なくしてヒュルケンベルグはウォールにタイヤを当ててリタイアすることとなり、ルノーはダブル入賞の機会を逸してしまった。

2位を走るハミルトンは、強風にあおられたか、直線区間手前のターン16でコースオフ。さらに20周を過ぎるとターン1で止まり切れなくなるなど、タイヤが寿命を迎えたと訴えることとなった。23周目にメルセデスはハミルトンをピットに呼び、スーパーソフトタイヤから、一段硬めのソフトタイヤに履き替え、3位でコースに復帰させた。

トップのベッテルがピットインしたのは31周目。やはりソフトタイヤに替えて2位でコースに戻り、スタートタイヤで周回を重ねるボッタスが暫定首位となった。

レッドブルにとっては後味の悪い週末に。予選4位のダニエル・リカルド(写真左)、同5位のマックス・フェルスタッペン(同右)は、レース中タイヤを当てながらの丁々発止を繰り広げたが、40周目、フェルスタッペンのリアにリカルドが衝突して2台そろってリタイア。2人のドライバーは、お互いよりもまずはチームへの謝罪の言葉を口にしていた。(Photo=Red Bull Racing)
レッドブルにとっては後味の悪い週末に。予選4位のダニエル・リカルド(写真左)、同5位のマックス・フェルスタッペン(同右)は、レース中タイヤを当てながらの丁々発止を繰り広げたが、40周目、フェルスタッペンのリアにリカルドが衝突して2台そろってリタイア。2人のドライバーは、お互いよりもまずはチームへの謝罪の言葉を口にしていた。(Photo=Red Bull Racing)拡大
前戦中国GPではチームメイト同士で接触してしまったトロロッソ。アゼルバイジャンGP予選でも、ブレンドン・ハートレー(写真手前)がパンクでスローダウンした直後、真後ろにピエール・ガスリーが急接近、あわや激突という際どいシーンも見られた。パンク後の進路を誤ったと謝罪したハートレーは19番グリッド、ガスリーは17番グリッドと後方からのスタート。周囲の混乱を避けたハートレーは10位でゴールし、自身初ポイントを獲得した。ガスリーは12位完走。(Photo=Toro Rosso)
前戦中国GPではチームメイト同士で接触してしまったトロロッソ。アゼルバイジャンGP予選でも、ブレンドン・ハートレー(写真手前)がパンクでスローダウンした直後、真後ろにピエール・ガスリーが急接近、あわや激突という際どいシーンも見られた。パンク後の進路を誤ったと謝罪したハートレーは19番グリッド、ガスリーは17番グリッドと後方からのスタート。周囲の混乱を避けたハートレーは10位でゴールし、自身初ポイントを獲得した。ガスリーは12位完走。(Photo=Toro Rosso)拡大

レッドブルの同士打ちで様相一変

このレースの様相を一変させたのが、コース上で度々丁々発止とやり合っていたレッドブル同士のクラッシュだった。タイヤ交換を済ませたフェルスタッペンが4位、リカルドは5位を走行中の40周目、スリップストリームに入ったリカルドがフェルスタッペンのリアに突っ込み、2台はターン1のエスケープロードに投げ出された。

これで2度目のセーフティーカーが入ったのだが、暫定首位のボッタスにとっては好機到来。このスロー走行中にタイヤ交換を済ませ、1位の座を手放すことなくコースに戻ることができたのだ。ボッタスにしてやられたことに気がついたベッテル、ハミルトンらも相次いで2度目のピットストップを行い、フレッシュなタイヤで心機一転、再スタートに備えた。

さらに各車徐行中に、ハースのロメ・グロジャンが壁に激突、マシンがコース上にストップしたこともボッタスには追い風だった。セーフティーカーランがさらに伸びたことで、彼が後続を抑える周回数も減ることになったからだ。

48周目にセーフティーカーがはけると、残り4周のスプリントレースに突入。2位ベッテルが思い切ってターン1でボッタスに並びかけトップ奪還を狙ったが、タイヤスモークを上げたフェラーリのラインは大きく膨らんでしまった。ベッテルはハミルトン、ライコネンにも抜かれ4位に落ち、優勝戦線から脱落した。

労せずしてライバルの1人がいなくなったボッタスだったが、優勝まであと一歩という時点で不運に見舞われてしまう。コース上に落ちていた破片を踏んだメルセデスの右リアタイヤがバーストしてしまったのだ。

こうした一連の波乱をくぐり抜けトップでチェッカードフラッグを受けたのは、上位にいながら地味な存在だったハミルトン。スタート直後の接触でポイント圏外に落ちたライコネンが2位に入り、今季これまでノーポイントだったフォースインディアのペレスが3位表彰台を獲得したのだから、レースは何が起こるか分からない。

ウィナーのハミルトンとてもろ手を挙げて喜んでいるわけではなく、「ボッタスこそ勝者にふさわしい」とチームメイトに称賛となぐさめの言葉をかけていた。

ハミルトンの今季初優勝は、言ってみれば「拾った勝利」のようなものである。しかしその1勝の本当の意味は、今後のメルセデスのマシン次第で変わってくる。ベッテルに4点差をつけポイントリーダーの座についたハミルトンが、そのポジションをあっという間に失ってしまうのであれば、単なるフロックとみなされてしまうだろう。王者復権に向けた起死回生の1勝となることを、ファンは願っているはずである。

次の第5戦スペインGP決勝は、5月13日に行われる。

(文=bg) 

関連キーワード:
F1 2018, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事