スバルが「WRX」シリーズを一部改良 安全装備を強化

2018.05.02 自動車ニュース
「スバルWRX S4」
「スバルWRX S4」拡大

スバルは「WRX STI」「WRX S4」に一部改良を実施し、同年6月7日に発売すると発表した。

「WRX STI」
「WRX STI」拡大

今回の改良では、WRX S4の運転支援システム「アイサイト」のプリクラッシュブレーキ制御を改良。認識対象が自車と同じ方向に進行する歩行者や自転車だった場合、減速制御の作動タイミングを早めることで、衝突回避の可能性を向上させた。また低速走行時、前方に障害物がある状態でアクセルが踏み込まれた場合、プリクラッシュブレーキを作動させて衝突回避を支援するようになった。

一方WRX STIには、メーカーオプションとして新たにサンルーフが設定された。

価格はWRX S4が336万9600円から373万6800円、WRX STIが386万6400円から406万0800円。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
WRX S4, WRX STI, スバル, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • スバル・フォレスター アドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2018.12.13 試乗記 新型「フォレスター」のフルモデルチェンジから少し遅れて登場した、モーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」搭載の「アドバンス」。刷新されたプラットフォームと進化したハイブリッドパワートレインの組み合わせは、どんな走りをもたらすのか。
  • スバル・レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.4 試乗記 従来より幅広い車速域での運転支援を実現したアイサイト・ツーリングアシスト。この最新機能は走りを磨いた「STI Sport」にどんな“愉しさ”を与えたのか。「レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSight」に試乗した。
ホームへ戻る