第552回:北京モーターショー2018の展示内容に見た
中国の高級車ブランド・ホンチーの本気度!

2018.05.04 マッキナ あらモーダ!

中国とは「ラブ・アフェア」ではない

 北京モーターショーが2018年4月25日に開幕した。同ショーが行われるのは今年で15回目だ。

展示面積は第2会場と合わせて、22万平方mに及ぶ。これは2017年の東京ショーの約2.5倍に相当する。

テーマは「Steering To A New Era」だ。中国政府が2019年度から各社に課すことになった一定比率のエコカー生産・販売義務化を前に、会場は電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、そして燃料電池車(FCV)――中国語で言うところの新能源汽車が百花繚乱(りょうらん)となった。

合弁生産車のなかで極めて強い存在感を誇るドイツのブランドも、その例外ではない。BMW(中国語で宝馬)は同ブランド初のピュアEV「コンセプトiX3」のワールドプレミアを行った。最高出力200kW(約272ps)以上を生み出すというモーターを備え、400km以上の航続距離を誇る。

BMWグループでセールス&ブランドおよびアフターセールス担当取締役を務めるピーター・ノータ氏にインタビューすることができた。

中国は外資企業の50%出資規制を2022年までに段階的に撤廃することをショー直前の2018年4月17日に発表した。それに関してノータ氏は「市場開放という観点で歓迎」と前向きだ。ただし、現在までに続けてきた現地ブリリアンス社(華晨汽車)との協業は、目下のところ変えるつもりはないと断言する。「ブリリアンスとの協業では、当局の規制への対応など、ジョイントベンチャーから得られるノウハウがあるから」というのがその理由である。

2018年夏からは「X3」も現地生産を開始する。「X3はアメリカ、南アフリカに次いで、中国でも大きな役割を担います」。その生産開始によってブリリアンスとの合弁車種は6モデルに達する。そして、ブリリアンスとの関係を「長い緊密な関係です。決してラブ・アフェアではありません」と締めくくった。

プレスデー初日の朝、BMWのプレゼンテーションで。左から、ワールドプレミアされた「コンセプトiX3」、「M2コンペティション」、中国プレミアとなった「K1600グランドアメリカ」。
プレスデー初日の朝、BMWのプレゼンテーションで。左から、ワールドプレミアされた「コンセプトiX3」、「M2コンペティション」、中国プレミアとなった「K1600グランドアメリカ」。拡大
世界初公開された「メルセデス・ベンツAクラスLセダン」。
世界初公開された「メルセデス・ベンツAクラスLセダン」。拡大
「メルセデス・ベンツAクラスLセダン」。ハッチバック版のホイールベースを60mm延長して2789mmとし、トランクルームを設けた。
「メルセデス・ベンツAクラスLセダン」。ハッチバック版のホイールベースを60mm延長して2789mmとし、トランクルームを設けた。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事