【SUPER GT 2018】第2戦富士でMOTUL AUTECH GT-Rが勝利

2018.05.04 自動車ニュース
第2戦富士を制した松田次生/ロニー・クインタレッリ組のNo.23 MOTUL AUTECH GT-R。
第2戦富士を制した松田次生/ロニー・クインタレッリ組のNo.23 MOTUL AUTECH GT-R。拡大

2018年5月4日、SUPER GTの第2戦が静岡県の富士スピードウェイで開催され、GT500クラスはNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が、GT300クラスはNo.55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一/ショーン・ウォーキンショー)が勝利した。

GT500クラスのスタートシーン。予選トップのNo.38 ZENT CERUMO LC500を先頭に、各車1コーナーへと向かう。
GT500クラスのスタートシーン。予選トップのNo.38 ZENT CERUMO LC500を先頭に、各車1コーナーへと向かう。拡大
No.39 DENSO KOBELCO SARD LC500(ヘイキ・コバライネン/坪井 翔)。予選5位から、2位表彰台を獲得した。
No.39 DENSO KOBELCO SARD LC500(ヘイキ・コバライネン/坪井 翔)。予選5位から、2位表彰台を獲得した。拡大
No.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明)は、3位でフィニッシュ。予選はトップだったが、レクサスのホームグラウンドである富士での勝利は逃す結果に。
No.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明)は、3位でフィニッシュ。予選はトップだったが、レクサスのホームグラウンドである富士での勝利は逃す結果に。拡大
こちらはGT300クラス。No.55 ARTA BMW M6 GT3(写真手前)が圧倒的な速さを見せつけた。
こちらはGT300クラス。No.55 ARTA BMW M6 GT3(写真手前)が圧倒的な速さを見せつけた。拡大

予選は濃霧で荒れ模様

No.17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/小暮卓史)のポール・トゥ・フィニッシュで幕を閉じたSUPER GT の2018年開幕戦。その舞台となった岡山国際サーキットはコース幅が狭く、ツイスティーなレイアウトで知られる。一方、第2戦が開催される富士スピードウェイは高速コーナーと低速コーナーがバランスよく配置されているほか、全長1.5kmのメインストレートでは最高速度が300km/h近くに達する高速サーキット。こうしたコース特性の違いがレース結果にどのような影響を及ぼすかが、本大会の注目ポイントになったといって間違いない。

公式練習が予定されていた5月3日の午前中、富士スピードウェイ周辺は深い霧に覆われた。このため、本来1時間45分だった公式練習は30分間に短縮されて12時50分に開始。いつもはQ1とQ2の2段階で開催される公式予選も一発勝負の1セッションに改められ、15時15分から30分間で行われることになった。

ほとんどぶっつけ本番に近い状態で迎えた公式予選でトップに立ったのはNo.38 ZENT CERUMO LC500を駆る立川祐路。GT500クラスのポールポジション最多記録を有する立川は、これで自身の記録を23へと伸ばすことになった。

予選でNo.38 ZENT CERUMO LC500を含む4台をトップ6に送り込んだレクサス勢とは対照的に、開幕戦を制したホンダ勢はギリギリ6番手にNo.16 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/中嶋大祐)が食い込んだのみ。一方、開幕戦では優勝のチャンスがありながら違反スタートのため5位に終わったNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rは3番グリッドをもぎ取り、表彰台獲得のチャンスをうかがっていた。

500kmに及ぶ長丁場のレースで勝利したNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rを、チームメイトが歓喜の声とともに迎える。
500kmに及ぶ長丁場のレースで勝利したNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rを、チームメイトが歓喜の声とともに迎える。拡大
GT500クラスの表彰式。レクサス勢はレースに勝てなかったものの、2~5位を占めるなど、その強さを見せつけた。
GT500クラスの表彰式。レクサス勢はレースに勝てなかったものの、2~5位を占めるなど、その強さを見せつけた。拡大
GT300クラスで勝利した、高木真一/ショーン・ウォーキンショー組のNo.55 ARTA BMW M6 GT3。
GT300クラスで勝利した、高木真一/ショーン・ウォーキンショー組のNo.55 ARTA BMW M6 GT3。拡大
No.31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/平手晃平)はGT300クラスの予選7から2位でフィニッシュした。
No.31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/平手晃平)はGT300クラスの予選7から2位でフィニッシュした。拡大
GT300クラスの表彰式。多くの観客が見上げる台上で、シャンパンファイトが行われた。
GT300クラスの表彰式。多くの観客が見上げる台上で、シャンパンファイトが行われた。拡大

ミシュランタイヤも勝利を後押し

翌4日は朝から好天に恵まれ、決勝が行われる午後には気温が25度まで上昇。ゴールデンウイーク中とあって5万5000人の大観衆が見守る中、500km/110周で繰り広げられる長丁場の戦いが始まった。

スタートはアクシデントなどのないクリーンなものとなったが、3番グリッドから飛び出したNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rは1コーナー付近で予選2番手のNo.6 WAKO'S 4CR LC500(大嶋和也/フェリックス・ローゼンクヴィスト)を早くも攻略。続いて首位のNo.38 ZENT CERUMO LC500に照準をあわせる。勢いに乗るクインタレッリはヘアピンコーナーでNo.38 ZENT CERUMO LC500をオーバーテイクすると、トップに立ってメインストレートに戻ってきた。

ペースの上がらないNo.38 ZENT CERUMO LC500に代わって、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rに挑みかかったのは予選5位のNo.39 DENSO KOBELCO SARD LC500。そのステアリングを握るヘイキ・コバライネンのチームメイトには、レギュラーの小林可夢偉が同日開催のWECスパに参戦する関係で、GT500はこれがデビュー戦となる坪井 翔を起用したが、この坪井がルーキーとは思えない速さと安定性を示し、レース中盤はNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rさえ追い抜いてトップに立った。

しかし、レース後半に行われた2回目のピットストップでは、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rが温まりが早いミシュランタイヤの特性に助けられて首位を奪還。そのままチェッカードフラッグまで走りきって今季初優勝を果たした。2位はNo.39 DENSO KOBELCO SARD LC500。3位には粘り強く戦ったNo.38 ZENT CERUMO LC500が滑り込んだ。

一方のホンダ勢はNo.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也)の8位が最高位と、不振をかこった。

GT300クラスでは予選を制したNo.55 ARTA BMW M6 GT3が圧倒的な速さを見せて快勝。2位は予選7位のNo.31 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/平手晃平)、3位は予選8位のNo.11 GAINER TANAX GT-R(平中克幸/安田裕信)が、いずれも見事な追い上げを見せて表彰台を手に入れた。

次戦は5月19~20日に鈴鹿サーキットで開催される。

(文=大谷達也<Little Wing>/写真提供 GTA)

関連キーワード:
SUPER GT 2018モータースポーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事