アウディが「Q3」など4モデルに充実装備の限定車を設定

2018.05.08 自動車ニュース
「アウディA3セダン Sライン テクノリミテッド」(右)と「A3スポーツバック Sライン テクノリミテッド」(左)。
「アウディA3セダン Sライン テクノリミテッド」(右)と「A3スポーツバック Sライン テクノリミテッド」(左)。拡大

アウディ ジャパンは2018年5月7日、「A3スポーツバック」「A3セダン」「TTクーペ」「Q3」にそれぞれ限定モデルを設定し販売を開始した。

「A3スポーツバック Sライン テクノリミテッド」
「A3スポーツバック Sライン テクノリミテッド」拡大
「バーチャルコックピット」
「バーチャルコックピット」拡大

今回設定された限定モデルは、通常はオプション扱いとなる「Sラインパッケージ」などの装備を標準で採用したものである。モデルごとの詳細は以下の通り。

【A3スポーツバック/セダン Sライン テクノリミテッド】
「1.4 TFSIスポーツ」をベースに、「バーチャルコックピット」を含む「Sラインパッケージ」や、「ナビゲーションパッケージ」、運転支援システムの「アシスタンスパッケージ」を標準で採用。専用マットチタン塗装の18インチアルミホイールや、ルーフレール(スポーツバックのみ)、「マトリクスLEDヘッドライト」なども装備している。さらに、ボディーカラーには同車専用色の「デイトナグレーパールエフェクト」も用意している。

価格はスポーツバックが446万円、セダンが462万円。販売台数は、前者が375台、後者が250台。

「TTクーペ Sライン ダイナミックリミテッド」
「TTクーペ Sライン ダイナミックリミテッド」拡大

【TTクーペ Sライン ダイナミックリミテッド】
「1.8 TFSI」をベースに、「Sラインエクステリア」や「LEDヘッドライト&LEDリアダイナミックインジケーター」「アウディサウンドシステム(9スピーカー)」「アウディスポーツ5スポークブレードデザイン19インチアルミホイール」、運転支援システムの「アシスタンスパッケージ」を標準装備している。

価格は550万円。販売台数は限定125台となっている。

「Q3 Sライン コンペティション」
「Q3 Sライン コンペティション」拡大

【Q3 Sライン コンペティション】
「2.0 TFSIクワトロ」をベースに、「Sラインパッケージ」を標準で採用。ハイグロスブラックのコントラストペイントや、専用ブラック19インチアルミホイール、ブラックルーフレール、ピアノブラックのデコラティブパネルにより、内外装の各部を黒でコーディネートしている。また、ボディーカラーには同車専用色の「デイトナグレーパールエフェクト」も用意している。

販売台数は125台。価格は549万円。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
A3スポーツバック, A3セダン, TTクーペ, Q3, アウディ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • スバル・フォレスター アドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2018.12.13 試乗記 新型「フォレスター」のフルモデルチェンジから少し遅れて登場した、モーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」搭載の「アドバンス」。刷新されたプラットフォームと進化したハイブリッドパワートレインの組み合わせは、どんな走りをもたらすのか。
  • スズキ・アルトラパン モード 2018.12.6 画像・写真 「スズキ・アルトラパン」にシックで落ち着いたイメージが魅力の「モード」が登場。メッキの専用フロントグリルやヘリンボーン柄のインパネオーナメント、ネイビーのファブリックシート表皮などで上質に仕立てられた特別仕様車のディテールを、写真で紹介する。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.4 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、同社史上最強のSUVが「レンジローバー スポーツSVR」である。従来モデルを出力で25ps上回る、過給機付き5リッターV8エンジンの実力を確認する。
ホームへ戻る