第91回:日本独自のクルマ観は世界を変える?

2018.05.22 カーマニア人間国宝への道

日本人は運転するのが好きじゃない

「日本市場は日本の自動車メーカーにとっての足かせ」という超本音発言に衝撃を受けつつ、いよいよ中村史郎氏インタビューは大団円を迎えるのであった。

中村(以下 中):日本のマスマーケットで売るためには、お客さまの要望に合わせた国内専用モデルの開発に投資しなきゃいけない。昔は販売台数の8割が日本市場だったし、国内専用モデルの比率も少なかった。でも今は、国内の比率は2割から3割ぐらいだし、それもほとんどが国内専用車。開発投資額もどんどん増えてます。メーカーとしては、国内のことを特別に考えなくてよかったらどんなに効率的で楽だろうとなってます。

清水(以下 清):うわー!

中:マツダやスバルの戦略がいい例ですよ。ミニバンと軽の開発から撤退したでしょう? 国内でのシェアが見込めないのに国内専用車を作っていると、経営にとって大きな足かせになるから、これは自分たちがやるべきことではないと、グローバルモデルに特化した。それは正しい判断だと思います。

清:そんなマツダとスバルを、カーマニアは絶賛してますね。そして「セレナ」の日産をバカにしてる。

中:トヨタ、日産、ホンダの国内ビッグ3には、国内市場を守ること、日本独自のお客さまの要望に応えることへの使命がありますから。

清:使命なんですね……。

中:たとえばミニバンや軽は無駄に天井が高いです(笑)。日本人はそういうスペースの方が好きなんです。前面投影面積が増えて空力が良くないと批判するジャーナリストもいましたが、ドイツみたいにスピードを出さないからそれでいいんですよ。

清:スピードは悪ですからね。

中:日本のクルマ文化は本当に特殊です。みんな運転が下手だしね。こんなに運転が下手な国はない(笑)。新興国は別として、海外では80歳ぐらいのおばあさんでも運転がうまいし、飛ばす! 日本では、上手にクルマを運転するということを、親が子供に教えないでしょう。上手に運転したいと思ってない。それが平均的な日本人なんですよ。

清:近年、さらに低速化が進んでるように感じます……。

中村史郎氏は日本の自動車メーカーの未来をどう考える⁉
中村史郎氏は日本の自動車メーカーの未来をどう考える⁉拡大
「CX-5」はマツダのグローバル戦略の中心を担うモデル。
「CX-5」はマツダのグローバル戦略の中心を担うモデル。拡大
「フォレスター」は、2017年のスバルのグローバル販売で成功を収めたモデル。(写真はプロトタイプ)
「フォレスター」は、2017年のスバルのグローバル販売で成功を収めたモデル。(写真はプロトタイプ)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る